top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

同棲中もマスターベーションはしている? カップル600人に調査

マイナビウーマン

TENGAが発行する『月刊TENGA vol.46』はこのほど、「どうして性の不満は言いづらいのか」というテーマで、5年未満の同棲カップルを対象に「カップル間のコミュニケーションやスキンシップ」に関する調査を実施。「同棲カップルの性事情編」として調査結果を紹介しています。

■同棲前後でマスターベーションの頻度に大きな変化はない

同棲前後でマスターベーションの頻度を比較すると、大きな変化がないことがわかりました。ただ、同棲すると一緒にいる時間が増えるので、頻度の多い「ほぼ毎日」「週3~5日」の割合は少し減少傾向にあります。

■パートナーがマスターベーションをすることはポジティブに思っている

パートナーがマスターベーションをすることについて、最も割合が多かったのは「マスターベーションをするのは普通のことなのでパートナーがしていてもおかしくないと思う」「パートナーがマスターベーションによって性的な喜びを得られることは嬉しい」という、ポジティブに捉えている項目でした。

広告の後にも続きます

同棲するパートナーがいても、マスターベーションをすることは、あまりネガティブに捉えていないようです。ただし、「わからないようにしてほしい」「言わないでほしい」という声もあるので、パートナーへの思いやりは必要です。

■同棲前後でセックスの頻度は変化がなく、セックスの満足感も得られている傾向に

同棲すると同棲前にくらべセックスの頻度が少なくなり、結果セックスレスに悩む人も多くいると聞きます。しかし、今回の調査対象者は、セックスの頻度が極端に減少するといった変化はありませんでした。

また、最近行ったセックスは、比較的満足感を得られているようです。

■専門家によるコメント

「セックスしたい頻度がお互い違う場合はどうしたらよいか?」。株式会社すきだよ代表取締役 あつたゆかさんは、以下のようにコメントしています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル