top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

そば屋店主、弟子へ爆笑ダメ出し連発にヒロミ「ホントに素人なのかな?」

TVerプラス


10月4日放送の『ヒューマングルメンタリー オモウマい店 秋の2時間スペシャル』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週火曜19:00~)では、これまで3回放送され、大反響だった埼玉県滑川町のそば店「茂三郎」のその後の密着取材のVTRが放送された。

今回はシーズン4。豪快で懐の深い店主は、師匠として、どんどん弟子を迎え、番号をもらった弟子は61人。そんななか、今回クローズアップされたのは、1回目の放送を見て、姫路から一念発起して弟子入りした通称「40番」。ちょっと不器用な40番は、歯に衣着せない師匠から散々ダメ出しされつつ修業を続けていた。

それと並行して、40番は出店に向けて物件探しをスタート。師匠も姫路まで同伴した。「師匠がくっついてきて一緒に(物件を)探し歩いたっていうのは、かっこいいなぁ、俺は」と、師匠のいつもの大口ぶりは健在。しかし、口だけではなく、物件について経営者目線でのアドバイスのほか、「そば打ちの道具は全部(40番に)やる」「(物件を借りるための費用として)200~300(万円)だったら用意する」と心意気を見せた。

姫路から出てきて8か月。「よそ見してねぇでやれ、この!」「しゃべってねぇでやれ、この!」と、気合いを入れ続けられる40番。しかし、師匠は、40番がそば生地を円く伸ばせるようになったことを見逃さなかった。「ヤツは俺に怒られてばっかりいっかなと思っているかもしんねぇけどさ、確実に進歩してるんだよ」と成長をしっかり見ていた。

だが、表ではそんなことは一言も口にしない。「こっち薄いんだぞ」「薄いって言わせんな、この野郎」「“薄い”と“滑る”と“光る”は禁句だ!」と自分の頭の風貌と合わせた軽快なダメ出しが続く。その切れ味に、VTRを見ていたMC・ヒロミは「ホントに素人なのかな?」と思わずツッコんだ。

そんな40番も、弟弟子を教え、出汁を全部任されるまでに。卒業が目前に迫り、師匠と40番の胸に万感の思いが募っていく――。

次回は10月11日に放送。鹿児島や名古屋のオモウマいうどん屋を紹介する。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル