top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

橋本環奈[イベントレポート]サプライズ登場に高校生が大絶叫「こんなにキャーキャー言われると思ってなかった!」映画『カラダ探し』ジャパンプレミアイベントにて

Pop’n’Roll

橋本環奈[イベントレポート]サプライズ登場に高校生が大絶叫「こんなにキャーキャー言われると思ってなかった!」映画『カラダ探し』ジャパンプレミアイベントにて

映画『カラダ探し』(2022年10月14日公開)公開直前イベントが、本日10月5日(水)に東京都立豊島高等学校で開催。主演・橋本環奈、山本舞香、横田真悠が事前告知なしでサプライズ登場し、現役高校生たちを驚かせた。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

映画本編を鑑賞後、東京都立豊島高等学校の2年生260人は、公開直前イベントとして教室で開催された羽住英一郎監督登壇のティーチインイベントに参加。

集まった高校生たちに羽住監督は“みなさんの年代の人たちが、友達を誘ってみんなで観に行ける楽しめる映画にしたいと思っていたので、みなさんが楽しんでもらえたか聞きたいです”とコメント。会場は生徒たちからの大きな拍手に包まれた。そこから同作の撮影の裏話や、羽住監督が映画監督を目指したきっかけなどを語ると、高校生たちは監督の話に真剣に聞き入った。さらに羽住監督から“今日は、みなさんにプレゼントを用意しています!”と伝えると、橋本、山本、横田の3人がサプライズで登場。

一切の事前告知がなかった突然のキャスト登壇に、高校生たちのテンションは一気に最高潮へ。大きな拍手と、絶叫に似た歓喜の叫びが止まらず、収集がつかない状況に橋本も“こんなにキャーキャー言われると思ってなかった! こんなにちゃんと驚いてくれるとは! なんか黒幕みたいなの張っててコソコソと入ってきたんですけど、バレてるのかもしれないなと思っていたので”と驚きと喜びの表情を見せた。

山本、横田も手を振ったり指でハートを作ったりと生徒たちと交流をするたびに拍手が沸き起こる大盛り上がりで、山本が“みなさんの顔を見てこうやってお話できてすごく嬉しいです。貴重な時間になると思うので、楽しんでいってください!”、横田が“ドッキリ登壇初めてなので、みなさんと一緒に初めてを経験できてすごく嬉しいです!”と2人も橋本に続き、いつもと違った雰囲気のイベントを楽しむような挨拶をした。

生徒たちによる直接の質問に答えるコーナーでは、“もしまた、高校生に戻るなら、どんな、高校生活を送りたいですか?”という質問に対して、橋本は“すごい楽しかったので、私はまた同じ高校生活でもいいかなと思います。でも、高校生の時からお仕事をしていて文化祭や体育祭などの行事に参加できなかったので、そんな行事に参加したいな”とコメント。山本も“私は卒業したかったな。2年生までしか通ってなかったので”と真剣に答える中、横田は“私は電車通学だったので、自転車通学に憧れます。みんなで自転車登校したいなって!”と回答。橋本から“どのくらいが理想の距離なの?”と聞かれると“5分です!”と即答し、橋本と山本が“みじかっ!”と一斉にテンポよくツッコむ仲のよさを見せると、会場は笑いに包まれた。

続いては“実際に赤い人がいたら、映画のように行動することができますか?”という同作の内容に触れた質問。それぞれ悩みながらも、1番冷静に戦おうとするのは、橋本か山本のどちらかではないかという結論に。“真悠はずっと泣いてると思う”と橋本に振られた横田は“そうですね、同じように行動はできないです。でも、映画と同じ6人だったら、頑張れるかも!”と言うと、橋本と山本は“嬉しいね、そんなこと言ってもらえると”と喜び、ここでも抜群のチームワークを感じさせた。

続く質問は“撮影をしていて、自分たちが怖くなることはないんです? 家で1人とか大丈夫でしたか?”というもの。山本は“撮影中は泊まり込みで、ホテルについている大浴場に毎日一緒に入って、寝る直前までずっと一緒にいたので、怖いとかはなかったし、撮影の時もカメラが回る直前までずっと笑ってたんですよ”と答えたが、実は怖かった瞬間もあったようで、橋本が“山奥のボロボロの廃校での撮影の時に、トイレに行くのが怖いみたいで、2人とも私について来てっていうから、私めっちゃトイレ何回も行ったんです! だから2人はけっこうホラー苦手だと思います”と暴露。

最後に“映画を観てハラハラドキドキしたのですが、最近ハラハラドキドキしたことはありますか?”という質問では、山本が“身体が重くてちょっと見てもらったら、悪いものもついていたけど、環奈もついてますって言われたこと!”と回答。“仲がよすぎて連絡とかもずっと取っているので、私の後ろに守護神のように「橋本環奈」がいるらしいんです。ハラハラドキドキっていうよりも、もう嬉しかったですけどね”というコメントには会場も大いに沸いた。

話が尽きない中惜しまれつつ最後の挨拶となり、横田は“映画、本当に怖かったと思うんですけど、友達と観る楽しさを体験できたと思うので、映画館で上映されたら、もう1回観に行ってほしいと思います!”とコメント。山本は“『カラダ探し』はホラーで怖いんですけど、テンポもよくて、カッコいい作品なので、ホラージャンルでなかなかない作品になっていると思います。完成を観て本当に羽住監督のすごさを実感した作品でした。私の中でも本当に大切な作品です。6人で本当に楽しく毎日撮影して、宝物のような作品になったので、みなさんもたくさんの人に面白いよ!って伝えてもらえたら嬉しいです”と挨拶。橋本は“みなさんが、話すことに本当に素直に反応してくださって、とても楽しかったです! この映画は確かに怖いけど、爽やかな、うわー青春だなって思えるような部分もあったり、Adoさんの劇中歌も疾走感あります。今日のこの3人の雰囲気を見てもわかるように、6人で本当にずっと一緒にいて、楽しい雰囲気がスクリーンに映し出されていると思います。みなさんは高校生なので、青春だな、憧れだなって思ってもらえたら嬉しいです”と締めくくり、大きな拍手に包まれてイベントは大盛況のうちに終了となった。

映画『カラダ探し』

■出演
橋本環奈 眞栄田郷敦
山本舞香 神尾楓珠 醍醐虎汰朗 横田真悠
栁俊太郎 西田尚美 柄本佑

監督:羽住英一郎
脚本:土城温美
音楽:菅野祐悟
主題歌:Ado 「行方知れず」  作詞/作編曲:椎名林檎 (ユニバーサル ミュージック)

製作:高橋雅美 池田宏之 藤田浩幸 伊藤功 竹澤浩 石垣裕之 藤倉尚 鎌田和樹 渡辺勝也
箕浦克史 渡辺章仁 池邉真佐哉 加太孝明 菊地修一 荒井ジョースケ 瓶子吉久 五十嵐淳之
エグゼクティブプロデューサー:小岩井宏悦
企画・プロデュース:原祐樹
プロデューサー:古屋厚
撮影:一坪悠介
照明:浜田研一
録音:小林圭一
特機:佐藤雄大
操演:宇田川幸夫
アクションコーディネーター:藤井祐伍
VFXプロデューサー:長井由実
美術プロデューサー:小山大次郎
美術:小坂健太郎
装飾:小林宙央
衣裳:池田友紀
ヘアメイク:宮本奈々
特殊造型:梅沢壮一
編集:金田昌吉
音響効果:柴崎憲治
選曲:藤村義孝
スクリプター:西岡智子
キャスティング:緒方慶子
助監督:笠井大雅
制作担当:南本良太朗


制作プロダクション:ROBOT
原作:ウェルザード『カラダ探し』(エブリスタ)
配給:ワーナー・ブラザース映画

関連リンク

広告の後にも続きます

映画『カラダ探し』 公式サイト

映画『カラダ探し』 公式Twitter

映画『カラダ探し』 公式Instagram

©2022『カラダ探し』製作委員会

TOPICS

ジャンル