top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

なぜ芸人のパチンコ・パチスロ動画はおもしろいのか

QJWeb クイック・ジャパン ウェブ

「パチンコ・パチスロ離れ」が叫ばれる昨今、「パチンコ・パチスロプレイヤー調査2021」によると、2021年の参加人口は約813万人で、昨年に比べ約208万人の大幅な減少となっている。パチンコ、スロット別ではパチンコが約732万人と前年比約162万人減、パチスロが約573万人と前年比約145万人減という結果らしい。

しかしその一方で、YouTubeにおけるパチンコ・パチスロ動画の需要はかなりのものだと感じる。特に「お笑い芸人×パチ」の勢いは凄まじいものがある。

たとえば、かまいたちの『かまいたちチャンネル』に去年投稿された『北斗の拳』の初代パチスロ実機を購入してプレイした動画は542万回再生、霜降り明星の『しもふりチューブ』の「粗品のパチンコものまね」も506万回再生、空気階段・鈴木もぐらとピン芸人の岡野陽一が『新!王庭チャンネル』内で配信しているパチンコ実践番組『くずパチ』も毎回数十万再生を超え、最近では『チャンスの時間』(ABEMA)でマヂカルラブリー村上がスロットの魅力を伝える企画「熱血!スロット塾」も、ダイジェスト版が97万回再生を突破している(動画再生数はいずれも2022年10月2日時点のもの)。

これは、同チャンネルで投稿されている他動画と比べても「異常」と言っていいほどの再生数で、どれだけパチンコ・パチスロ動画に需要があるかがわかるだろう。しかし、けっしてパチンコ・パチスロユーザーだけが再生しているだけではない。コメント欄では「一回もパチンコやったことないですがおもしろかったです!」といったコメントも多く見受けられる。それなのに、なぜこんなにもパチ動画に人は魅せられてしまうのか、その秘密を探る。


パチはすべての人間に平等である

広告の後にも続きます

この記事の写真を見る(全1枚)

パチはすべての人間に平等である

まず第一に知ってもらいたいのは、パチンコ・パチスロは「すべての人間に平等」ということだ。この世に存在するすべての遊技の中で、素人がプロに勝てる数少ないもののひとつがパチなのだ。

パチンコはヘソに玉が入った時点で、パチスロはレバーを叩いた時点で、内部的に当たるか外れるかはすでに決まっている。別におじさんが回そうが、菅田将暉が回そうが、石原さとみが回そうが、結果は変わらない。台の前ではすべてが平等。パチンコ・パチスロに差別や偏見は一切ない。性別も年齢も家柄も国籍も外見も年収も過去も、何もかも全部関係なく、乗り越えられるのがパチンコ・パチスロなのだ。もはや「Pachiとは恋と同義」と言っても過言ではない。

パチンコ・パチスロはすべてのユーザーを肯定し否定する。福沢諭吉が数分で溶けていくあの感覚はもう二度と味わいたくないものだし、1000回転回してもまったく当たらない自分の隣で、老人が開始数回転で大当たりを引き当てたのを目の当たりにした絶望感はまさに地獄と形容するに相応しい。

しかし、それに反比例するかのごとく、大当たりが連チャンしているときの「俺は今世界で一番輝いている」という無敵感は唯一無二だった。先ほども言ったとおり、パチンコ・パチスロには己の力は一切介入していない。にもかかわらず当たりを引いたときのとてつもないほどの「やってやった感」、ただハンドルを握っているだけで、ただレバーを叩きボタンを押しているだけで、時にアニメのキャラクターが、時にあのヒーローが、時にあの有名俳優やミュージシャンが、時に森の動物たちが、俺に対し「おめでとう!」「よくやった!」「Congratulations!」と激励の言葉を投げかけてくる。「人は生きているだけで素晴らしい」を実感できる数少ない瞬間だ。こんなにも感情をプラスにもマイナスにも揺さぶってくる遊技はパチンコ・パチスロだけだろう。

「恋は盲目」という言葉があるが、対象を好きになればなるほど嫌いな面は見えにくくなる。しかし、パチンコ・パチスロは違う。「俺は一生パチンコで食っていく」と言った次の日には「こんなもん二度とやるか糞が」と吐き捨てている大人を何人も見てきた。大好きが一瞬で大嫌いに変わるのがパチンコ・パチスロなのだ。そして、打ち方ひとつでその人間がどういう人生を歩んできたのか、どういう性格なのか、それがすべて透けて見えてくる。字幕の色や、ランプの点灯で狂喜乱舞しているのを見ているだけでその人間の素の部分まで見ているような気分になってくる。パチンコ・パチスロというのは人を映す鏡のようなものなのかもしれない。それを「人を笑わせるプロ」である芸人がやっているのだからおもしろくないわけがない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル