top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

川口春奈“紬”、高校時代の恋人・目黒蓮“想”を駅で偶然見かけて声を掛けるも…<silent>

WEBザテレビジョン

川口春奈“紬”、高校時代の恋人・目黒蓮“想”を駅で偶然見かけて声を掛けるも…<silent>

川口春奈が主演、目黒蓮(Snow Man)が出演する木曜劇場「silent」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系※初回は夜10:00-11:09)が、10月6日(木)スタートする。

■「silent」ストーリー

完全オリジナルとなる同ドラマは、川口演じる主人公・青羽紬が本気で愛するも別れることになってしまった目黒演じる高校時代の恋人・佐倉想と8年の時を経て偶然の再会。そこに待ち受けていた現実と向き合いながらも寄り添い、乗り越えていこうとする姿を描く。

大切な人との別れを乗り越え、今を生きようとしている女性と、障がいを患ってしまったことで自分と向き合えず別れを選んでしまった青年。音のない世界でもう一度“出会い直す”ことになった二人と、それを取り巻く人々が織り成す、切なくも温かいラブストーリーだ。

■紬と想に関わる登場人物を演じるのは…

紬の中学時代からの同級生で、現在、紬が交際している戸川湊斗を鈴鹿央士が演じる。また、想の母親・佐倉律子役を篠原涼子、妹の萌役を桜田ひより、想の姉で現在は結婚して実家を離れている井草華役を石川恋、紬の6歳下の弟・光役を板垣李光人が務める。

ほか、夏帆が生まれつき耳が聞こえないながらに大学時代の想を支えた桃野奈々役で、風間俊介が紬が手話を学ぶために通い始めた手話教室の講師・春尾正輝役で、佐藤新(IMPACTors)が紬の同僚・田畑利空役で出演する。

■第1話のあらすじ

高校時代に佐倉想(目黒蓮)の声と紡ぐ言葉に引かれた青羽紬(川口春奈)は、3年生の時に想と同じクラスになる。中学時代からの幼なじみである戸川湊斗(鈴鹿央士)の紹介もあり、二人は音楽という共通の趣味をきっかけに仲良くなり、いとおしくかけがえのない時間を過ごしていた。

大学進学というタイミングで東京と群馬で離れ離れになるも、何も心配することはないと思っていた紬だったが、紬は想から一方的に別れを告げられてしまう。何が理由なのかも分からないまま振られた紬。

8年という時が過ぎ、紬は心残りはありながらも、今は大型CDショップで大好きな音楽に囲まれて働きながら、湊斗と幸せな日々を送り、二人の将来を考えるようになっていた。しかし、そんなある日、駅で想の姿を偶然見かける。思わず声を掛ける紬だったが、想にはその声が届いていなかった。なぜなら想は…。

――という物語が描かれる。

■主題歌入りの予告映像に「すべてが切ない」

同ドラマの公式ホームページ、公式Twitter、公式Instagramで公開されているOfficial髭男dismが歌う主題歌「Subtitle」入りの予告映像では、制服姿の紬と想が雪を見て笑い合ってるシーン、切ない笑顔の想に「ごめんね」と伝えられ泣き崩れる母親・律子の姿、紬が「待って」と泣きながら、想を追い掛ける姿が映し出されている。

これらの印象的なシーンに、各投稿のコメントには「予告映像だけで泣ける」「キャストさんの表情にせりふに、髭男の歌詞に、すべてが切ない」「毎週木曜日が楽しみです」などの声が上がり、どんな展開が待ち受けているのか注目が集まっている。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル