top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「忍者」屋敷伸之九段VS「マッスル」増田康宏六段 1組昇級目指し対局開始/将棋・竜王戦2組

ABEMA TIMES

 将棋の竜王戦2組昇級者決定戦は10月5日、屋敷伸之九段(50)対増田康宏六段(24)の対局を午前10時から開始した。本局の勝者は、次戦で1組昇級をかけて都成竜馬七段(32)と対戦する。

【中継】屋敷九段VS増田六段 1組昇級へ前進を目指す戦い

 屋敷九段は、1988年10月に四段昇段。竜王戦は2組(1組:16期)、順位戦B級1組(A級:6期)。若手時代には、変幻自在の指し回しから「忍者」とも呼ばれた。タイトルは棋聖3期で、18歳6ケ月でのタイトル獲得は藤井聡太竜王(20)の最年少17歳11ケ月に次ぐ記録。棋戦優勝は2回。今期の竜王戦はランキング戦2回戦で佐藤康光九段(53)に敗れ昇級者決定戦に。第33期以来3期ぶりの1組復帰を目指す。

 増田六段は、2014年10月に四段昇段。竜王戦2組、順位戦B級2組。棋戦優勝は、新人王戦の2回。今期成績を.6818と高勝率をキープ。将来のタイトル候補者の一人に数えられる期待の若手だ。将棋とともに筋トレも日課としており、鍛え上げられた肉体もファンの注目ポイントとなっている。今期の竜王戦はランキング戦2回戦で森内俊之九段(51)に敗退。昇級者決定戦から初の1組昇級を狙う。

 両者の公式戦対局は1局で、屋敷九段が制している。約4年ぶりの対戦で両者はどのような作戦を用意しているか。持ち時間は各5時間。振り駒の結果、先手は屋敷九段に決まった。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル