top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ピン最新1Wは「G430」か? R&A適合リストに画像掲載

GDO

ピン最新1Wは「G430」か? R&A適合リストに画像掲載

ゴルフルールを統括するR&Aと全米ゴルフ協会(USGA)は3日、適合ドライバーヘッドリストを更新し、ピンの最新モデルとみられる3タイプのヘッド画像が公開された。

3タイプともソールのヒール寄りに「G430」と刻印されている。ソールのトウ側にはそれぞれ「MAX」「SFT」「LST」と記載されており、2020年9月に発売されたピン「G425」シリーズの後継モデルとみられる。

公開された画像によると、フェース寄りに「G410」「G425」で採用された「FORGED FACE」と記載されている。また、ソール後方にはそれぞれ「TUNGSTEN」と刻印されたウェートが見受けられ、「G425」に搭載されている弾道調整のウェートポートと同様のテクノロジーが踏襲されているようだ。

適合リストには「LST」のみクラウンに関する記載があり、「CARBONFLY WRAP」という表記が確認できた。2016年モデルの「G ドライバー」以降、同社の「G」シリーズドライバーに搭載されている「ドラゴンフライ・クラウン・テクノロジー」と同じく、カーボンを使用し軽量化を図るための仕様と推測される。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル