top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【毎日王冠展望】開幕週のスピードレース、あの馬に期待したい

netkeiba.com

【毎日王冠展望】開幕週のスピードレース、あの馬に期待したい

 天皇賞・秋やマイルチャンピオンシップを目指す馬が出走してくる一戦。非常に速い時計の決着になりやすいのが特徴で、歴代の古馬東京芝1800mにおける勝ち時計ベスト10のうち、実に5つが毎日王冠でマークされている(94年、07年、08年、18年、19年)。

1.マイラータイプが活躍

 例年開幕週の高速馬場で行われており、昨年1着のシュネルマイスター、一昨年1着のサリオス、19年3着のインディチャンプ、18年1・2着のアエロリットとステルヴィオ、17年2・3着のサトノアラジンとグレーターロンドンのようにマイルで幅を利かせるスピードタイプが活躍傾向にある。

2.ベテランは割り引き

 過去10回で、3歳馬は複勝率35.3%、4歳馬は複勝率が34.5%あるのに対して、5歳馬は24.2%、6歳馬は20.8%、7歳以上馬は4.3%。3歳馬は斤量利もあるが、スピードレースなだけあって基本的に若い馬が優勢。

3.前走好走馬が中心

 過去10回、前走3着以内馬は[8-6-6-30]で複勝率40.0%と優秀。対して、前走4・5着馬は[1-0-2-12]で複勝率20.0%、6着以下だった馬は[1-4-2-54]で複勝率11.5%。長期休養明けとなる馬も多いレースではあるが、前走敗れた馬の巻き返しより、前走好走馬が連続好走してくるケースの方が多い。

 レッドベルオーブは20年のデイリー杯2歳Sをレコード(当時)で制すなど早期から頭角を現していた素質馬。折り合い面の難しさがあるため、前走大逃げに出たことが今回にどう影響するか未知数な面はあるが、開幕週の府中は合いそうなだけにマークしておきたい。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル