top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

奈緒の演技になぜ虜になってしまうのか? 持ち前の愛くるしさと、垣間見える“底力”の凄み

Real Sound

『ファーストペンギン!』©︎日本テレビ

 高畑充希、杉咲花、今田美桜など、若手人気女優が週の折り返しに観る人の心にビタミンを与えてきた日本テレビ系“水曜ドラマ”。その枠で10月5日より新たにスタートするのが、縁もゆかりもない“漁業の世界”に飛び込んだシングルマザーと、彼女とともに改革の荒波に漕ぎだした漁師たちの“奇跡の実話”を元にしたドラマ『ファーストペンギン!』だ。

参考:奈緒主演『ファーストペンギン!』撮影現場を坪内知佳が訪問 「当時の記憶が蘇りました」

 本作で主演を務めるのは、27歳の奈緒。寂れた港町に5歳の息子とともに移り住んできた、家もお金も仕事もない、崖っぷちのシングルマザー・岩崎和佳を演じる。

 奈緒といえば、現在公開中の映画『マイ・ブロークン・マリコ』に出演。同作は平庫ワカの同名コミックを実写映画化したもので、主人公のトモヨ(永野芽郁)が亡き親友マリコ(奈緒)の遺骨とともに“ふたり旅”に出るストーリーだ。これまで眩しいほどのヒロイン像を体現してきた永野が見事なやさぐれっぷりを披露し、新境地を開いたことでも話題となっている。

 そんな永野が今回のオファーを受けた理由の1つとして、「奈緒ちゃんが(マリコ役を)やるならできるかも」と語っていた(※)。ふたりは2018年の上半期に放送された連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合)でも共演。奈緒は永野演じるヒロイン・鈴愛の幼なじみである菜生を演じた。

広告の後にも続きます

 くだらないことで一緒に笑い、恋や進路の悩みを分かち合うふたりの名コンビぶりに癒されていた人も多いのではないだろうか。ここで培われた永野と奈緒の信頼関係があってこそ、『マイ・ブロークン・マリコ』の実写化が成立したのかと思うと感慨深いものがある。

 そして、この作品は女優・奈緒の名を世間に知らしめるきっかけにもなった。鈴愛と戯れている時の笑顔、弓道で的を大きく外した時の情けない表情、幼なじみたちとの別れに寂しさをにじませる顔。くるくると変わる表情は何とも愛らしく、見ているだけで自然と顔がほころぶ。

 一方で、奈緒はその愛らしさを“狂気”にも変えることができる。『あなたの番です』(日本テレビ系)で演じた“尾野ちゃん”こと、尾野幹葉はまさにその人懐っこい笑顔でじわじわと隣の家庭を侵食するキャラクターだった。既婚者相手にストーカーまがいの行為を繰り返し、たとえ拒否されようとも笑顔を崩さない姿勢はサイコパスそのもの。

 奈緒は、時として「可愛い!」と思って近づいた犬に噛みつかれた時のような衝撃を味わわせる。『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)でのミステリアスな天才ハッカー役や、映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』での危険な魅力を孕んだ愛人役など、そのギャップを生かした役柄も多い。

 だが、奈緒は癖のあるキャラクターの設定や台詞に頼り切ることなく、演じる役柄の心情を画面を通してじっくりと伝えられる役者でもある。特に印象に残っているのが、『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)で演じたイズミ役だ。

 イズミは幼い頃に病気で亡くなった母親の代わりに、視覚障害者である主人公のユキコ(杉咲花)を支える優しいお姉ちゃん。一方でユキコを心配するあまり彼女の自立を当初は阻害してしまうこともあり、一歩間違えれば、“毒親”ならぬ“毒姉”になりかねない危うさも秘めていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル