top_line

村上宗隆に「新記録56号」打たれたDeNA・入江大生投手の真っ向勝負に称賛相次ぐ…「入江くんにも家ください」ヒロミも「感動した」

SmartFLASH

 56号本塁打を達成し、史上初の三冠王に輝いた村上には、ヤクルトとトップスポンサー契約を結ぶ「オープンハウス」から「特別ホームラン賞」として、都内の3億円の家を贈呈することが発表されたが、それに関連して入江への“報奨”を期待する声がネット上で上がった。

 

《打った村上も凄いんだけど、真っ向勝負のどストレートを投げ込んだ入江くんも評価したい。オペンホーセさん、3000万の家プレゼントしてあげてください!》

 

《オープンハウスさんへ せっかくだから入江くんにも家ください》

広告の後にも続きます

 

《村上の56号ホームランで1億円の家贈呈が3億円の家を贈呈になったと。と、言うことは入江のあの時投げたボールは「3億円の価値がある」と言うことになる。ともあれ、入江はよく勝負した。》

 

 反響は、ネット上だけではない。

 

 翌4日に放送された情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)でも、タレントのヒロミ(57)が入江の投球を、

 

「ベイスターズもよく勝負したなって、俺はそっちに感動しちゃって……。(おそらく)最終打席だし、昔だったら変な話、ちょっと打ちづらいところに投げたりしてたんですよ。最終で真っ向勝負。俺はそっちに感動した」

 

 と、褒めちぎったのだ。

 

 とはいえ、打たれたことにはショックが隠せなかった様子。試合後、うなだれた様子の入江を励ますDeNAのチームメイトたちの姿があった。

 

「入江投手は今季からストレートの球速が常時150キロを超えるようになり、横浜DeNAリーグ2位の立役者といってもいいでしょう。勝負度胸も満点で、この日も初球から3アウトを取るまで、全球ストレート勝負で挑んでいました。

 

 1964年に王貞治氏に55本めを打たれた佐々木吉弘投手(故人)は、その後の1966年にプロ野球史上8人めの完全試合を達成しています。入江投手もこの一発を糧に、より成長してほしいですね」(スポーツ紙担当記者)

 

 プロ野球史上に残る記録を残した“村神様”から逃げない気持ちがあれば、今後のプロ野球人生、怖いものなしのはずだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル