top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

純烈・小田井涼平、BARBEE BOYSいまみちともたか書き下ろし曲「I.Q.ゼロの求愛」MV公開

SPICE

小田井涼平


2022年いっぱいで純烈としての活動を終了する小田井涼平のソロアルバム『息子がお世話になりました。』(10月5日発売)から、BARBEE BOYS・いまみちともたかが書き下ろしたリード曲「I.Q.ゼロの求愛」のMVショートバージョンが公開された。

小田井は今作MVについて「純烈のようで純烈じゃない不思議な絵力をぜひご覧下さい…」とコメント。

なお、ソロアルバム『息子がお世話になりました。』の【クラウン徳間ミュージックショップ限定盤】にはM-CARDが封入され、MVのフルコーラスの他、小田井と純烈の各メンバー(酒井一圭・白川裕二郎・後上翔太)のスペシャル2Sインタビューが収録される。

さらに期間限定販売で、クラウン ミュージック ストア購入者特典付き配信パッケージ(10月12日配信)の発売も決定。購入するともれなく「お名前入りデジタルサイン(ジャケット)+サイン動画 」がプレゼントされる。

広告の後にも続きます


■小田井涼平コメント

純烈、小田井涼平の卒業アルバム「息子がお世話になりました。」の中から、BARBEE BOYSのいまみちともたかさんに作詞作曲して頂いた、「I.Q.ゼロの求愛」のミュージックビデオが完成致しました。当初、"新たな世界へ飛び立つ"という意味を込めて曲中でバンジージャンプをやる方向で話を進めていたのですが予算的な都合でできなくなり、急遽「浅草花やしき」で撮影することになりました。純烈でライブをやったり、TBSの「プレバト!」の水彩画検定で園内と浅草の街並みを描いたり、最近になって何かとご縁のある場所だったのと、身近にある異空間としてピッタリだと思いロケ場所に決めました。閉園前の数時間と閉園後の数時間を借りて撮影したのですが、思っていた以上にカメラ映えする素敵な場所だと再認識しましたし、従業員の皆様もこちらのわがままに快く対応して下さり本当に感謝しております。

低予算、かつロケ時間もあまりない中撮影したので、普段着ている私服姿のいつも通りの自分がそこに居ますし、歌唱シーンで着ている衣装も2017年に自身のライブ用に自腹で作った衣装を着ています。途中、人生ゲームで遊んでいるシーンがあるのですが、それは日本クラウンの純烈担当・新宮さんの自宅から持って来て頂きました(笑)  なので、衣装、小道具はゼロ円です。曲のタイトルの"ゼロ"にかけています(笑)

冗談はさておき、そんな手作り感あふれる仕上がりに、思わず「なんじゃこりゃ?」と鼻で笑って頂ける作品には仕上がっていると思います。純烈のようで純烈じゃない不思議な絵力をぜひご覧下さい…。個人的には広く沢山の方々に…、というよりは、これまで応援して下さった純烈ファンの皆様に見て頂きたい作品です。

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル