top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「まだ遠くへは行っちゃダメ!」マヌルネコの子猫たち、お母にゃんに見守られて外の世界を初体験

カラパイア


 独特の表情やずんぐりぼってり系のボディが人気のマヌルネコ、別名パラスキャット。ロシアのノヴォシビルスク動物園で、可愛い子猫たちが生まれたよ。今日は彼らが「外の世界」への、勇気ある第一歩を踏み出したシーンをお見せするね。





A Pallas’s cat kitten explores the world

 おうちの中から外の様子を覗いていた子猫たち。勇敢な1匹が、まず探検の第一歩を踏み出したよ。

 初めての「外の世界」を警戒しつつも、子猫同士でじゃれ合ったりと、だんだんと新しい環境にも慣れてきたみたいだ。

 子猫たちにも個性があって、なかなか外に出たがらない子もいれば、少しずつ遠くを探検し始めた好奇心旺盛な子も。ちょっと遠くへ行きかけちゃった子猫のところへ、お母にゃんのミアさんが登場。

 まだそっちに行くのは危ないわ!と、有無を言わせずおうちへと連れて帰ってた。

 マヌルネコは標高が高く、乾燥気味の岩場が多い中央アジア一帯を生息地とする野生種だ。この体形と独特の顔つきは、厳しい環境で獲物を狩るプレデターとしてのスキルを発揮するために、進化の過程で得たものである。

 それが子猫たちをさらにキュートに見せてくれたりしているわけなんだけど、お母にゃんがしっかりガッツリ見守っているのは、自然界で生き延びるためには必要なことなのかもしれないね。

written by ruichan


※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル