top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

弘中綾香アナの見事な切り返しにさらば青春の光&三四郎が爆笑

TVerプラス


10月3日に放送された『満パンスター2023-さらば&三四郎が3月にライブすることだけ決まってる番組-』(テレビ朝日、毎週月曜夜26:36~)では、進行を務める弘中綾香アナウンサーが見事な切り返しをしてさらば青春の光(森田哲矢、東ブクロ)、三四郎(小宮浩信、相田周二)の4人を爆笑させる場面があった。

同番組は、「3月にライブをする」ことだけが決まった状態で、さらば青春の光と三四郎がライブに向けて奮闘するというチャレンジングなバラエティ。初回となる10月3日の放送では、「初回なのに最終回!?ライブアフタートーク」と題し、3月のライブ後という設定で4人が「ライブで起きたこと」を妄想でトークした。

何も知らされていない4人が収録現場に入ると、進行役の弘中アナが「ライブお疲れ様でした!」と迎える。先が見えない4人が困惑する中、弘中アナの「去年10月から始まった『満パンスター』も今日で最終回となります」との発言に、東ブクロは「ややこしいことしてんなぁ」と不穏な空気を感じ取る。

さらに、「本日、2023年3月23日までの半年間、ライブの内容を4人で考えて今日ここにくることができました!」との説明に、4人はどうやら2023年3月23日のライブ直後の体で振り返りトークを求められていることを理解。そんな4人に対し、弘中アナは「『ここが盛り上がったなぁ』と思うシーンは?」「三四郎の2人もハプニングありましたよね?」「練習されたんですもんね? タップ」と無茶ぶり。4人は発言すると3月のライブで実演しなければならなくなるという悪い予感の中、しどろもどろになりながらも対応。

その後、逆襲とばかりに4人は弘中アナに照準を合わせ、小宮から「一緒にやってきたじゃないですか」や森田から「1人だけいつも入り早くてすみません」、相田から「ブクロがいない時、全部弘中さんが代打で」と集中攻撃を受け、思わぬ展開に弘中アナは大慌て。そんな中、森田の「誰ブッキングしてくれたんすか、外タレ?」という“振り”に、「アリアナ・グランデに」と切り返して、4人を爆笑させた。

次回は10月10日に放送される。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル