top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

かすみ草とステラ[ライブレポート]舞台劇とパフォーマンスを組み合わせ“大青春”を届けた過去最大規模ワンマン

Pop’n’Roll

かすみ草とステラ[ライブレポート]舞台劇とパフォーマンスを組み合わせ“大青春”を届けた過去最大規模ワンマン

“楽しかったかけど、まだ物足りなくない?”、“先生たちには内緒で、「大青春祭」の「後夜祭」を開催しない?”の声を受け、ここからは、みんなで一緒に“後夜祭”へ。

“大青春はじめます!”の声を合図に飛び出したのが、最新曲の「大青春はじめます!」。この日の“大青春祭”の中に描き出した、熱情した想いや胸をキュンと鳴らした気持ち、笑顔で弾け続けた姿、みんなでわちゃわちゃ楽しんだパーティ感などをギュッと濃縮した楽曲だ。この曲に触れていると、どんどん気持ちが昂り、一瞬にして6人と一緒に青春の景色の中へ飛び込んで行ける。また、心を素敵な青春の色に染め上げる楽曲が誕生した。

“後夜祭”は、まだまだ続く。6人は「ボトルメール」に乗せ、美しく、可憐に舞い踊る。青春という景色の中で永遠を生きる彼女たちの中に生まれた、少し大人びた表情を見せる楽曲だ。少し大人な仕種で歌い踊る姿にも視線が惹かれる。サビで一緒に振りを真似ながら、気持ちを重ね合う、このひと時にも心がときめいて止まらない。

最後の最後にかすみ草とステラは、メンバー自身が作詞を手がけた「夏色微炭酸」を歌唱。この空間をグイッと夏を引き戻し、6人は微炭酸な夏の乙女たちになり、フロア中の熱い視線を浴びながらシュワシュワと弾けていた。たくさんのしゃぼん玉が飛び交う場内。6人は最後に、夏という終わらない青春の季節に巻き戻していった。きっと学園祭は、また来年だろう。でも、かすみ草とステラのライブ自体が、いつだって“大青春祭”しているんだもの。それを味わいたければ、また、彼女たちが待っているライブに足を運べばいい。

ライブを終え、メンバーらは“大青春を感じられましたか”、“もっともっと大青春したいですか”と声をかけてきた。もちろんだよ。日々の生活から青春が欠け始めたら、またかすみ草とステラのライブに足を運び、青春をチャージすればいい。よく言う“青春時代に戻りたい”のなら、かすみ草とステラのライブに来れば、すべては解決だ!

<かすみ草とステラ過去最大規模ワンマン~かすてら大青春祭~>Spotify O-EAST(2022年10月3日)

<かすみ草とステラ過去最大規模ワンマン~かすてら大青春祭~>

日時:2022年10月3日(月)
会場:Spotify O-EAST

【文化祭準備】
「春風」
「クローバーに纏わるいくつかの出来事」
「君と週末の秘密基地」
「改札口までの青春」
「青より青く」
「はじめて君とみた空は青かった」
「咲き誇れ!わたし」
「チョコとミント」
「かすみ草の手紙」

【文化祭当日】
「ネコにかすてら」
「メルティ・ホワイト」
「カタルシスダンス」
「Dear Jasmine」
・CM

【文化祭 エンディング】
「正夢の少女」

【後夜祭】
「大青春はじめます!」
「ボトルメール」
「夏色微炭酸」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル