top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

楽しんで防災を!DIYで自宅避難できる家づくりに取り組む西野弘章さんに聞く⑤ 

防災ニッポン

写真説明:自宅前の西野さん近影

西野弘章さんの「逃げなくてもいい家」⑤ “防災”というライフスタイル

「避難所に行かない防災の教科書」の著者、西野弘章さんへ続けてきたインタビューは、今回で最終回です。お話をうかがっていて「日常生活の延長線上にある防災」、「災害時から逆算した日常生活」を連想しました。そこで最終回は、その暮らしの根底にある西野さん流の防災哲学に迫ります。

こちらの記事もおすすめ!停電、断水に役立つ8つのもの

台風15号の被災経験

――西野さんは、自作した小屋づくりのノウハウを書いた著書「小屋大全」もあるほど、DIYの達人です。何でも自分でできれば、被災しても応用が利きそうですね。

広告の後にも続きます

確かに小屋は趣味でつくりましたが、自宅はプロの方に頼むところは頼んで、家族でできることは家族で、という感じで、何でもつくるわけではないんですよ。それに、確かにもともとDIYをやっていましたが、2019年の台風15号で被災してから、考え方は明らかに変わりました。

――それは驚きです。どんな風に変わられたのか、興味があります。

台風を機にどう変わったのか

命に関わることを、リアルに、本気で考えるようになって、今までの生活で無駄なことを見直すようになったのです。何が自分にとって一番大事なのか。より具体的に考えるようになりました。

日常で当たり前のように使っているものが、使えなくなった時、何ができるか。大災害の前では人間は弱者に過ぎない。もうちょっと謙虚になって、自然を見つめ直した方が良いのではないか・・。そんな風に考えて今、はまっていることの一つが、ソーラークッキングです。

大人も楽しいソーラークッキング

――子どもの夏休みの自由研究にもなりそうですね。子どもが喜びそうです。

子どもだけでなく、大人もむちゃくちゃ楽しい。へたに火を使うより、簡単だし、おいしく感じます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル