top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『アバター』プロデューサーのジョン・ランドー、盟友キャメロン監督のこだわりを語る!

MOVIE WALKER PRESS

『アバター』プロデューサーのジョン・ランドー、盟友キャメロン監督のこだわりを語る!

ジェームズ・キャメロン監督の最新作『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』(12月16日公開)の来日映像プレゼンテーションが4日、丸の内ピカデリーにて開催され、本作プロデューサーのジョン・ランドーが来日し、最新作の見どころや盟友キャメロン監督のこだわりを語った。

前作『アバター』(09)は映画界の常識、そして映画を変えた1本として知られている超大作。3Dでしか味わえない映画体験を実現し、惑星パンドラの世界に入り込む没入感に世界中の人が魅了された。続編となる本作も現実世界から離れ、パンドラの世界に浸れる映画体験ができるとランドーは力説する。

前作から10年後の世界で描くのは“家族”の物語。家族を築いたジェイク(サム・ワーシントン)とネイティリ(ゾーイ・サルダナ)は子どもたちと平和に暮らし、穏やかな日々を送っていた。しかし、人類が再びパンドラに現れたことにより、ジェイク家族は神聖な森を追われ、海の部族の元に身を寄せる。しかしそこにも侵略の手は迫り、ジェイクたちはパンドラを守るために再び戦うこととなる。

舞台を森から海へ移し、まず目を引くのは“水”の表現。圧倒的映像美はもちろんのこと、キャメロン監督の“水”への思いも強く感じられる。水は不思議なエネルギーを秘めていると話したランドーは「ときに生命を生みだし、ときに奪い去るものでもあります。水の重要性はますます高まるなか、ジェームズ自身の水に対する探究心は衰え知らず。彼にとって水こそが人生の哲学なのです!」と解説。さらに「特に若い世代には、この映画を映画館で観ることで、観終わった後の会話を弾ませる、語り合う、そんな体験をしてほしいです」と本作が映画館で観るべき作品であることを強くアピールしていた。

ランドーは本作に登場するジェイクの子どもたちに触れ、「彼らがアイデンティティを模索し、生きる目的を探す旅も映画の大きなテーマになっています」とコメント。ジェイクの子どもたちが今後続くシリーズにも登場すると明かしたうえで、「彼らは家族の絆を深めながら、惑星の平和のために戦います。(彼らの行動、存在が)若い世代にインスピレーションを与えるキャラクターになるはずです」と『アバター』シリーズが全5部になると話し、今後の展開についても触れていた。

また、キャメロン監督が「特別だな」と感じる点については「監督だけでなく脚本家としての観点を持っていることが、演出の際にも活かされています。何事にも“必ず”テーマがあり、現状に満足しない。常に挑戦と改良を重ねる姿は周囲のモチベーションを高めています。それが、極限にチャレンジできる環境を作りだしています」と笑顔で語っていた。

取材・文/タナカシノブ

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル