top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

昨年の凱旋門賞馬トルカータータッソ ジャパンカップで引退の可能性浮上

netkeiba.com

昨年の凱旋門賞馬トルカータータッソ ジャパンカップで引退の可能性浮上

 現地時間3日、昨年の凱旋門賞を制し今年は3着に終わったトルカータータッソ(牡5、独・M.ヴァイス厩舎)に、11月27日に東京競馬場で行われるジャパンカップ(3歳上・GI・芝2400m)参戦の可能性があることがわかった。『at the races』をはじめ、複数の欧州競馬メディアが報じている。

 記事内で、共同オーナーであるピーター・マイケル・エンドレス氏は、今年の凱旋門賞について言及。「勝利することに越したことはなかったが、勝つことが困難な18番枠から発走して3着という結果には満足している。最後の300〜400mは彼が一番強かったと思う」とコメント。
 
 出走については、重馬場を得意とするトルカータータッソにとって硬すぎない馬場であることを条件としており、同氏は「(東京は)馬場が非常に硬いので確実ではないが、まだ(ジャパンカップに)行くことを考えている」と述べた。
 
 同馬は来年種牡馬入りするため、年内の引退がすでに決定。出走が決まれば、ジャパンカップが引退レースとなる見込みである。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル