top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

聖光学院vs九州学院

高校野球ドットコム

名将も「1人だけレベルが違う」と太鼓判 聖光学院・山浅龍之介がプロ入りへ快音響かす

聖光学院5番・山浅 龍之介

<とちぎ国体:聖光学院6-4九州学院>◇2日◇1回戦◇清原球場

 2日開幕したとちぎ国体は、2019年に茨城県で開催された国体以来となる3年ぶりの開催。日曜日開催ということもあってか、スタンドには大勢の観客が駆け付けた中で、夏の甲子園4強・聖光学院(福島)が九州学院(熊本)との開幕戦を制した。

 聖光学院が得点を記録した5度のイニングのうち、4度は5番捕手・山浅 龍之介(3年)が絡んだ。先日、プロ志望届を提出し、自身の進路を決める上では最後のアピールの場となる大会で、初戦から快音を連発。3打数3安打1打点と両チーム唯一の猛打賞を記録した。

 タイミングを取る際にテークバックを引くことなく、バットの位置をぴたりと止まったまま軸足に重心をかけて、最短距離でミートさせていた。無駄をそぎ落としたシンプルな構えで快音を響かせたが、下半身の使い方で成長を見せた。

 振りだす際に下半身主導で動き出すことができていたため、フォームの中に少しの間が生まれていた。「甲子園までの打ち方では間がなかったため、上のレベルでは通じないと感じていました」と、最後の夏を通じて明確に感じていた課題だった。下半身の使い方を見直してきたことで、第1打席も低めの変化球に対して「泳がされることなく、しっかりと見て捉えられた」と成長を実感する1本だった。

広告の後にも続きます

 指揮官の斎藤監督も「1人だけレベルが違う」と太鼓判を押し、「右足の母指球で我慢できているので、壁ができて、バットを内側から出せていますね」と更なる成長を肌で感じ取っていた。

 イニング間のスローイングも1.8秒前後(手動計測)をマーク。攻守でレベルの高さを見せていた。国体という舞台を通じて、どれだけアピールできるか。

(記事=編集部)

三冠王・村上宗隆の弟・慶太も国体で快音 NPB入りへ猛アピール

タイムリーでガッツポーズする九州学院・村上慶太

<とちぎ国体:聖光学院6-4九州学院>◇2日◇1回戦◇清原球場

 聖光学院の前に終盤で突き放された九州学院。夏の甲子園のリベンジに燃えていたが「あと一歩及びませんでした」と指揮官・平井監督は悔しさを見せていた。

 ただプロ志望届を提出し、注目が集まった村上 慶太内野手(3年)は2安打3打点、しかも、左翼席へ公式戦通算7本目となるホームランを放つなど、アピールには成功した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル