top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ちむどんどん」最終回に過去最大のブーイング!「老けメイクが小学生の学芸会以下」

アサ芸Biz

 上白石萌歌演じる砂川歌子が瀕死の重体にも関わらず、「病院のベッドに心電図モニターが付いていない」「血圧計のマンシェットが逆向き」等々、SNS上で総ツッコミが入るなど、エンディングに向けてドラマのストーリーとはまったく違う部分で盛り上がっていたNHK朝ドラ「ちむどんどん」。

 そんな「ちむどん」が、9月30日に最終回を迎えた。

「とにかく脚本が崩壊している」など、視聴者だけでなく、各界の著名人からもブーイングが多かった同ドラマ。とはいえ、最終回まで見続けていたファンも少なくない。ところが、最終回は、そんな我慢強かった視聴者までをも、過去最大級にのけ反らせてしまう展開が待っていた。

「あっという間に未来にタイムスリップしたエンディングで、説明はナレーションまかせ。問題になっていた歌子の病気も何だったのかわからないままだったり、相変わらずツッコミどころ満載だったのですが、この最終回で視聴者から驚きの声とともにあっという間にトレンドに上がったのが、『老けメイク』でした。出演者たちが年を取ったということで老けメイク姿をまるで記念撮影のように次々と見せていくわけですが、そのメイクのレベルがあまりに低いと視聴者がのけ反ってしまったというわけです」(エンタメ誌ライター)

広告の後にも続きます

 これまでも、朝ドラがヘアメイクに映画並みのアカデミックな要素を見せたことはほぼ皆無。だから期待するだけ野暮な話ではあるのだが、今回はそんな「決して高くはない期待」をも、遥かに下回ってしまったのだとか。

「SNS上の声を少し拾うだけでどれだけ酷かったかわかります。《メイク代ケチったんですか?》《歩き方が若者のままで役者もまったくやる気が見えないですけど》《わざとゆっくりしゃべって白々しい》《嗚呼、私がほうれい線を描いてあげたい》《眉毛まで真っ白にして小学生の学芸会でもこんな酷くないのでは》など厳しい言葉が並びましたね」(前出・エンタメ誌ライター)

 ツイッター上の「#ちむどんどん反省会」なるハッシュタグもすっかり定着してしまった感のある同ドラマ。最後まで(本来の目的とは違う意味で)話題には事欠かなかった国民的ドラマなのであった。

(塚田ちひろ)

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

TOPICS

ジャンル