top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヒカキン、ヒカルの前で悔し涙「一点の曇りもなく、清くやってきたから…」

yutura

10月3日、「ヒカル」(登録者数485万人)が「ヒカキン鬼ごっこ非公開の真相について」と題した動画を公開しました。

ヒカキンが“おにごっこ動画”を非公開に

10月2日、「ヒカキン」(登録者数1090万人)は今年8月に公開した「ヒカキンおにごっこ 2022夏 – 逃げ切れたら全員に100万円【YouTuberオールスターズ】」を非公開にしたと報告しました。動画は、20人以上の人気YouTuberが参加した大型企画で、遊園地の中で60分間ヒカキン率いる“オニキン軍団”から逃げ切ったら1人100万円の賞金が渡されるという内容。撮影に関わった人数は180人以上で、ヒカキンのYouTube人生の中でも最も大規模な企画だったそうです。

しかしこの企画をめぐって、スタッフや参加クリエイターの中から「逃げ切った人の数を少なくするための不正」を疑う声が上がっていたらしく、ヒカキンは、ヒカルからその話を知らされたのだとか。ヒカキンは不正をきっぱりと否定しつつ、企画中のトラブルがキッカケで参加者とスタッフとの「すれ違い」が生じ、その結果「不正だと言われても仕方のないミス」が起きていたと謝罪しました。

ヒカキンが悔し涙を流す

今回の動画では、「ヒカキン、俺の名前勝手に出すなよ!」とのツッコミを入れるヒカル。ヒカキンが名前を出したため、自身に説明を求める声が殺到したらしく、これを受けて動画を撮影することにしたそうです。

ヒカルは「多方に火の粉が飛んでしまう可能性がある」ため、「全部が全部言えない」としつつ、今回の経緯について説明します。ことの発端は、ヒカルのもとに多数のクリエイターから「ヒカキン鬼ごっこで出来レースがあった」とする不満が「結構な数」寄せられたというもの。クリエイターたちの話では、不満を抱いたキッカケはささいなものではなかったそうです。しかし、ヒカキンが賞金を「ケチるはずがない」と考えたヒカルは、共通の知人を介して連絡をとり、ヒカキンにこの件を伝えることにしたといいます。

広告の後にも続きます

オンライン会議でほぼ初めて面と向かってヒカキンと話したというヒカル。ヒカキンは「そんなふうにクリエイターが思ってるって知らなかった」とショックを受けていたのだとか。そして

俺の前であの人泣いたんですよね。泣いて、すごい悔しがったんですよ。そのときに俺は、信じられないような言葉を聞いたんですよね。

「本当に今まで清くやってきた」と。「一点の曇りもなく、清くやって(活動して)きたから、すごい悔しいです」っていうふうに泣きながら僕に言ってきたんですよね

この言葉にヒカルは「怖いな」と思うほど衝撃を受けたそう。ヒカキンが、これまで実際に一点の曇りなく活動してきたのを感じたといい、「やっぱこの人マジですげぇな」と圧倒されたようです。

 

次ページ:ヒカキンは「上を目指す上で、避けては通れない人」

上を目指す上で、避けては通れない人

YouTube界では“光”と“闇”に例えられることもあるヒカキンとヒカル。過去に一度だけ対面したことがあるものの、ほとんど接触がないことが知られています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル