top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

舞いあがれ!「原因不明の熱」に視聴者戦々恐々 ちむどんどん思い出す声続出「みんなトラウマに」

J-CASTニュース

俳優の福原遥さんが主人公を演じるNHK朝の連続テレビ小説「舞いあがれ!」が2022年10月3日にスタートした。視聴者からは、主人公のある設定にザワつく声が多くあがっている。

原因不明の熱に悩む舞「お医者さんにもわからへんねんて」

ものづくりの町・東大阪市で町工場を営む両親のもとに生まれたヒロイン・岩倉舞(浅田芭路さん・福原さん)が、自然豊かな長崎の五島列島での暮らしを経て、周りの人と絆を深めながら空への夢に向かっていく物語。

1994年4月。小学3年生になった舞(幼少期:浅田芭路さん)は、昨年から熱が出やすくなり、始業式から数日間学校を休んでいた。久しぶりの登校に不安がるが、母・めぐみ(永作博美さん)から「行っといで。スミちゃんも待ってるわ」と背中を押され学校へ行く。放課後、舞は飼育小屋へ。黒い色をしたうさぎのスミちゃんに、「病院でいっぱい検査したんや。けど、なんで熱出るかお医者さんにもわからへんねんて」と報告するように話しかける。

めぐみから発熱するから走ったらいけないと言いつけられていた舞。だがある日、スミちゃんが脱走する事件が発生。クラスメイトの望月久留美(幼少期:大野さきさん)とともに必死で捜索し、無事に発見することができたものの、案の定舞は熱を出してしまい、めぐみの手を煩わせてしまうのだった。

「ちむどんどん」の歌子と重なる?

「原因不明の熱」といえば、前作の朝ドラ「ちむどんどん」に登場する主人公の妹・歌子(上白石萌歌さん)も幼少期から長年にわたって苦しんできた。一度は都会の大きな病院で診てもらうも原因はわからず。最終回直前でも熱で倒れ、数日間昏睡状態に陥ったが、最終回できょうだいたちが海に向かって「おとうちゃーん! 歌子を助けてちょうだい!」と亡き父に呼びかけた後、歌子が目を覚ますという展開があった。

広告の後にも続きます

舞も歌子と同様の「熱が出やすい」という設定に対し、視聴者からはインターネット上で「原因不明の熱がトレンド入りしてるw その気持ち、わかる、わかるよ…」「視聴者全員原因不明の熱に反応してるの面白すぎた」「『原因不明の熱』にアレルギー出す朝ドラ民w」「原因不明の熱はきょうだいで海に叫べば治るよ」「原因不明の熱がトレンド入ってるw 私も前の朝ドラからのあれでやばいなって思ったけどみんなトラウマになってるんだなw」などと不穏な空気を指摘する声が多くあがっている。

TOPICS

ジャンル