top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中高年は「稼げる資格」を取っても就職できない?シニア転職のリアル

日刊SPA!

中高年は「稼げる資格」を取っても就職できない?シニア転職のリアル

 人生100年時代。「人生最後の職場を探そう」と、シニア転職に挑む50、60代が増えている。しかし、支援の現場ではシニア転職の成功事例だけでなく、失敗事例も目にする。シニア専門転職支援会社「シニアジョブ」代表の中島康恵氏が、シニア転職現場のリアルを紹介する。

 今回は、税理士のような高難易度資格を取ったのに就職できないシニアの事例から、「第二のキャリアの正しい準備」について伝えよう。
◆資格があれば老後も安心、ではない

 60歳で引退など過去の話。70歳まで働き続ける時代になってきた。だが、60歳以降の働き口をどう確保すればよいのか?

 もしも、「資格があればなんとかなる」とお考えの読者諸氏がいらっしゃるなら、私は大いに注意を促したい。これから「中高年向けの資格講座を受講する」というのならなおさらだ。

 もちろん資格が転職の大きな武器であることに間違いはない。国家資格は特にそうだ。しかし、実務経験のないペーパー資格では武器として不十分。

 ある程度難易度が高い資格でも同様で、例えば税理士の資格を持っていたとしても、会計事務所や税理士法人での勤務経験がまったくない年配の場合、税理士として採用されることは難しい。税理士の資格取得に必要な2年間の経理事務経験程度では、実務経験者とは見られないことも多いのだ。

 私が経営するシニア専門の人材会社にも、実務経験が少なくて就職できないシニアの税理士からの問い合わせがある。

◆税理士資格があっても就職できないシニア

 例えばこんな例があった。

 50代に入り以前からなりたかった税理士になるため、一念発起してそれまで勤めた会社を退職。退職金と貯金を生活費と勉強費用に当て、税理士の資格を取得するも、その時には60歳間近。晴れて税理士になれると会計事務所・税理士法人の門を叩くも、どこも税理士としては雇ってくれない…

 こうした例はほかの資格でもある。比較的難易度の高い税理士資格でもこの状況のため、中難易度以下の資格は、なおさら武器にしづらい。むしろ中難易度以下の資格の方が何らかの業務経験に結びつけやすく、かえって有効なことすらある。

 就職難の中高年につけ込むかのように、「儲かる」「人気の」「今からできる」「稼げる」などと頭にくっつけた資格講座もたくさんあるが、資格を取った“だけ”で劇的に評価が変わると思ってはいけない。資格だけでチートになれるなら、何個も資格を持つ資格マニアの人は引っ張りだこでもおかしくないが、そんなことはないのだ。

 逆に中高年の転職で一番の決め手となるものは「経験」だ。もちろん、転職先の会社が求めている経験に合っていることが前提だが、経験があれば資格がなくても会社が欲しがることが多い。税理士のように資格がないと法律上仕事ができない資格もあるが、その場合でも会計事務所勤務経験者は「税理士補助」というポストで人気だ。

◆下積みからやり直さなければ就職できない?

 では、自分がこれまで経験した職種でしか転職できないのかというと、そんなことはない。

 もちろん、経験がない場合、経験が長い人よりも不利な転職となるのは仕方ないがチャンスはある。その方法は「一度、下積み期間を経験する」というものだ。「この歳になってまた下積みからやり直すなんてとんでもない」という人もいそうだが仕方ない。その分野に関してのキャリアがない場合、地道に積み上げ直すしかないのだ。

 前述の「一念発起して税理士資格を取ったが経験がない人」の場合も、いきなり税理士として就職するのではなく、まずは「税理士補助」での就職を目指すなら、「会計事務所勤務経験はあるが税理士資格がない人」よりも受かりにくく、給与も安い可能性があったとしてもキャリアを描くことができる。

 歳も歳だし下積みの時間なんてないと思うかもしれないが、実は、中高年の下積みは「成果を出せるか出せないかの見極め」つまり「試用期間」のような意味合いが強く、成果を出せればどんどん待遇が良くなることが多い。下積み期間は若い人よりも短くなる場合が多いのだ。

 問題なく業務をこなすことができれば、半年や1年といった短期間で補助業務からやりたい仕事を任せられる可能性もある。もちろん職場やトップ次第のため、就職時の見極めも重要だが。

 未経験でも目指したい仕事があるという中高年の人は、「資格を取れば安心」ではなく、下積み期間も計算に入れたキャリアプランを描くことが近道だろう。

◆経験優先の副業がキャリアのプラスに

 では、例えば20代・30代などの人が、中高年となる前にスムーズな「第二のキャリア」を目指すために今のうちから準備しておくとすれば、何をすればよいのだろうか?

 もちろん一番やるべきは「経験を積む」ことだが、目指すキャリアの経験を今のキャリアで都合よく積めるわけがない。そこで今の時代、特にオススメしたいのが「副業」である。事例の未経験で税理士資格を取った人も、会計事務所での複業経験がわずかでもあれば、状況はかなり違っただろう。

 当然、副業での経験時間は十分に取れない。そもそも、本業に打ち込みながら副業をするだけでも大変な場合も多いだろう。そこで、まずは「欲張らないこと」が重要になる。

 例えば、「副業で得るものを経験だけに絞る」のは有効だ。「お金も経験も」ではなく、経験を積むことだけに集中すれば、効率もよくモチベーションも続く。同様に、あれもこれもと副業や経験の「数」を増やすのも禁物だ。本業も転々とするより集中した方が評価されやすいが、副業もあまりに幅を拡げると経験としても微妙になる。

 人生100年時代と言われる現代では、計画的に将来を見据えて取り組むことで、複業が人生を大きく左右する武器になることもあるのだ。

【中島康恵】
50代以上のシニアに特化した転職支援を提供する「シニアジョブ」代表取締役。大学在学中に仲間を募り、シニアジョブの前身となる会社を設立。2014年8月、シニアジョブ設立。当初はIT会社を設立したが、シニア転職の難しさを目の当たりにし、シニアの支援をライフワークとすることを誓う。シニアの転職・キャリアプラン、シニア採用等のテーマで連載・寄稿中

TOPICS

ジャンル