top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「メジャーで活躍が確実に見込める」――“神様、仏様、稲尾様”も凌駕した2年連続4冠。山本由伸の真価が分かる「2.13」

THE DIGEST

「メジャーで活躍が確実に見込める」――“神様、仏様、稲尾様”も凌駕した2年連続4冠。山本由伸の真価が分かる「2.13」

 まさに奇跡と呼ぶにふさわしい戴冠劇だった。

 10月2日に行なわれた今季のパ・リーグ最終戦でオリックスは楽天に5対2で逆転勝ち。試合前までに0.5ゲーム差で追っていたソフトバンクが、2分後にロッテに3対5の逆転負け。最大11.5ゲーム差をつけられていた昨シーズンの覇者は、ドラマティックな結末を迎えた。

 文字通りの快進撃を見せつけたオリックス。それを支えたのは山本由伸だ。昨シーズンは勝利(18)、防御率(1.39)、奪三振(206)、勝率(.783)、完封(4)の五冠を獲得した24歳の若きエースは、今季も圧倒的なピッチングを披露。15勝(5敗)、防御率1.68、奪三振205(奪三振率9.56)、勝率.750、6完投(完封を含む)で5冠を達成した。

 ちなみに2年連続で4冠以上をやってのけた選手はNPB史上に存在しない。3冠を複数回達成したというだけでも、「神様、仏様、稲尾様」と称された往年の大投手・稲尾和久(58年4冠、61年3冠)だけである。この事実からも、今の山本がいかに稀有な存在であるかが分かる。

 そのスタッツの数々は群雄割拠のパ・リーグ投手陣のなかでも図抜けていた。奪三振数は2位の佐々木朗希(ロッテ)とは32個差という独壇場で、防御率は千賀航大(ソフトバンク、1.94)を圧倒しての1.68。1投球回あたり何人の走者を出したかを示す指標で、「1」を記録すれば、“エース級”と称されるWHIPは0.93だ。
  さらに被本塁打、与四死球、奪三振のみで投手を評価する指標であるFIPも「2.13」と高い値を刻んだ。単打や二塁打、三塁打、ゴロやフライアウトなど「野手が関与するプレー」が評価の対象から除かれている同指標は、チームの守備力や運に左右されず、投手の純粋な能力を表すもの。ゆえに山本の2.13は、いかに彼が絶対的な存在であるかと示しているとも言える。

 無論、海外メディアが見逃すはずがない。MLBのありとあらゆるデータを取り扱う専門サイト『Fan Graphs』は「国際トップクロスペクト」を紹介するレポートのなかで、こう記している。

「ヤマモトは他のどの外国人選手よりもメジャーでの活躍が確実に見込めるタレントだ。仮に現時点の力を評価するにしても、MLBのプロスペクトのなかでもトップ100には余裕で名を連ねるだろう」

 日本球史に残る並みいる大投手たちを凌ぐ成績を残し、オリックスを連覇に導いた山本。日進月歩で飛躍を続ける剛腕に陰りなど見えない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】FA“超目玉”の西武・森友哉を獲得すべき球団はここだ! ポジション、攻撃力、資金および熱意の3点から識者が徹底解説

【関連記事】FA“超目玉”の楽天・浅村栄斗を獲得すべき球団はここだ!ポジション、攻撃力、資金および熱意の3点から識者が徹底解説

【関連記事】球界最高年俸9億円の田中将大、リーグワーストの成績に。元メジャーリーガーの低調さに韓国紙が「全盛期は過ぎた」と悲鳴

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル