top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「すべて予想外だった」ポーランドに3-0で“完勝”の日本を中国メディアも驚嘆!「我々の地位を脅かしかねない」【世界卓球】

THE DIGEST

「すべて予想外だった」ポーランドに3-0で“完勝”の日本を中国メディアも驚嘆!「我々の地位を脅かしかねない」【世界卓球】

 10月2日、中国の成都で卓球・世界選手権団体戦の女子団体グループリーグ第2戦が行なわれ、日本(世界ランク2位)はポーランド(世界ランク19位)を3-0で撃破。開幕2連勝を飾った。

【画像】パリ五輪期待の若手!20歳・長﨑美柚のバースデーショットをチェック

 この日は、初戦のスロバキア戦とオーダーを変更し、伊藤美誠(スターツ)、佐藤瞳(ミキハウス)、長﨑美柚(木下グループ)の3人で臨んだ日本。第1試合で伊藤がA・ベングジンにセットカウント3-0で快勝してチームを勢いに乗せると、第2試合の佐藤、第3試合の長﨑もそれに続いてストレート勝ちを収めた。

 日本が見せつけた圧倒的な強さは、「卓球大国」である中国でも話題を集めている。スポーツ専門のポータルサイト『捜狐体育』は、驚きを隠せない様子でこう報じた。

「この戦いの結果は、すべて予想外だった。第1試合はミマ・イトウ、第2試合はヒトミ・サトウ、第3試合はミユウ・ナガサキが出場。全員がストレート勝ちを収め、ポーランドを3-0で下した」

 また同メディアは、「日本女子の全体的なパフォーマンスは依然として優れており、我々の地位を脅かしかねない」と警戒。そのなかでもやはり、日本のエースである伊藤の注目度は非常に高いとしている。
  さらに、記事では伊藤と彼女のライバルである孫頴莎(中国)との戦いにも注目。「この世界選手権で日本と中国が対戦することになれば、見どころがたくさんあるだろう。ミマ・イトウがソン・エイサとの対戦に勝利するかどうかも楽しみにしている」と強気な姿勢を崩さなかった。

 次戦は10月3日にハンガリーと対戦する日本。成長著しい彼女たちがどんな戦いを見せるか注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】早田ひなが伊藤美誠を抜いて世界ランク“5位”に浮上!中国メディアは「最強のライバル」「プレッシャーがかかる」と再び警戒

【関連記事】混合ダブルス表彰式で思わぬハプニング?早田ひなのとびきりの笑顔に中国メディアも反応!

【関連記事】石川佳純が披露した流暢な中国語に現地メディアも感嘆!「こんな可愛らしい女性を嫌いな人はいますか?」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル