top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新たなトレンドとなるのか?コンドームの手袋がパリのファッションウイークに登場

カラパイア


 最新のハイファッショントレンドとなるのか?フランス、パリで開催されたファッションウイークでは、水を入れて膨らませたコンドームを両手に着けたモデルがランウェイを歩いて話題を集めた。

 これはアクアティックウェアブランド「Botter」が、「ランウェイに水をもたらす」というコンセプトのもとに行われたもので、今年のANDAM賞グランプリに輝いた。



CONDOM HANDS???? on the runway at #parisfashionweek with Botter

パリのファッションショーに登場したコンドーム手袋

 2016 年にカリブ海にインスパイアされたファッションブランド「Botter」を立ち上げた、リジ・ヘレブルフとルシェミー・ボッターは、今回のショーで「水の世界」を作り上げた。

 その理由は、海のプラスチック汚染と、種や環境を危険にさらしている気候変動による水温上昇に関する意識を高める為だという。
この投稿をInstagramで見る

BOTTER – AQUATIC WEAR(@botter_paris)がシェアした投稿

 サステナブルな服づくりを目指しているBotterは、コレクションに再生プラスチックや海藻なども使用している。

 会場にきたゲストには、プラスチック梱包の削減を目指す「Notpla(ノップラ)」と協業して作られた、海藻からできた食べることのできるぷにぷにの容器に入った水色のレモネードが配られたという。ロンソンマラソンの時に配られていたこういうやつだ。

 水を入れたコンドームを手袋にするという斬新なアイデアだが、実際にモデルの手に付けるのは難しかったようで、様々な試行錯誤があったという。

 実際にこの手袋が、手袋としての機能を果たしているのかどうかはわからないが、コンドームの耐久性ってやつの証明にはなったようなならなかったような?
この投稿をInstagramで見る

BOTTER – AQUATIC WEAR(@botter_paris)がシェアした投稿

コンドームはこんなところでも利用されていた

 ちなみにコンドームはアメリカ、フロリダ州を襲ったハリケーン「イアン」の現場中継にも使用されていたようだ。

 NBCニュースのレポーター、カイラ・ゲーラーさんは、実況中マイクにコンドームを被せていたことで話題となった。  これは本物のコンドームだということがゲーラーさんの口から明かされた。防水性の高いコンドームは、マイクを保護するのに役立つのだという。

 実際にテレビクルーは機材などが濡れるのを防ぐため、コンドームを利用することがあるそうだ。

written by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル