top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

気候変動の影響で樹木の成長が急速に早まっている

カラパイア


 新たな研究によると、気候変動により大気中の二酸化炭素が増加したことで、アメリカでは森林の木々の成長が早まり、大きくなっていることが明らかになったそうだ。

 樹木は二酸化炭素を吸収して成長するために、気候変動を緩和する機能があると考えられている。

 今回『Nature Communications』(2022年9月19日付)に掲載された研究では、全米の森林10か所で、一貫して木の体積が増加していることが判明した。

 樹木が気候変動から地球を守っているだろうことが示唆されている。

木々は排出された二酸化炭素をもりもり吸収している

 研究の共著者である米オハイオ州立大学のブレント・ソーンゲン氏は、森林の大切さについて次のように語る。
森林は排出された全ての二酸化炭素のおよそ十数%を大気から吸収します

私たちは何十億トンという二酸化炭素を大気に放出していますが、森を育てるだけでかなりの量を取り除くことができます
 二酸化炭素が樹木の成長をうながす効果を「CO2施肥効果」という。

 木々が二酸化炭素をたくさん利用できるようになって、光合成がアップし、その分成長のエネルギーを多く作れるようになることが原因だ。

 大気中に放出された二酸化炭素は、永遠にそこにとどまるわけではない。そのかなりの部分が海・森・湿地に吸収される。

 過去20年、アメリカの森林は毎年7、8億トンの二酸化炭素を吸収したと試算されている。これは同国の二酸化炭素総排出量の10~11%にあたる。

 あまりにも多くの二酸化炭素は自然に悪影響を与える可能性があるが、木々はたっぷりと二酸化炭素を吸収しても問題ない。

 木を大きな円筒に見立てると、今回判明した体積の増加は、年輪を1つ追加したようなものと、ソーンゲン氏は説明する。

photo by Unsplash

過去30年で木々の体積が2、3割アップ

 ほとんどの人はその変化に気づかないだろうが、30年前の木と比べて、2、3割は大きくなっていることになるそうだ。

 これを世界最大の木で構成される「レッドウッド国立州立公園」の森林に当てはめると、ほんの少しの増加であっても、二酸化炭素の保管場所が大量に増えたとみなすことができる。

 しかも古い木々であっても、同じようなバイオマス(特定の時点においてある空間に存在する生物(バイオ)の量を、物質(マス)の量として表現したもの)の増加が見られるという。

photo by iStock

木々が大きくなったことと二酸化炭素排出量の増加に関連性

 今回の研究では、アメリカ農務省林野部のデータ(USFS-FIA)を用いて、過去数十年で森の樹木の体積がどのように変化したのか調査された。

 その結果、1970年から2015年にかけて、木々の体積が大幅に増加していることや、それが二酸化炭素排出量の増加と相関していることが明らかになった。

 また自生の木と植樹された木とで違いがあるかどうかも確認された。

 というのも、植樹はその地域に最適なものを選別して植えられることが多いので、その分CO2施肥効果も大きくなるだろうと予測されたからだ。

 ところが実際のところ、自生樹と植樹には違いが見られなかったそうだ。

 全体としては、今回明らかになった木々の体積の増加は、これまでの推定よりも多いことがわかったという。

1997年と2017年の1ヘクタールあたりの木材量を森林グループごとに分けて表示 / image credit:Nature Communications (2022). DOI: 10.1038/s41467-022-33196-x

木は気候変動から地球を守ってくれている

 こうした結果は、気候変動時代における木の価値をはっきりと示している。

 ソーンゲン氏は、CO2施肥効果を利用することで植樹の効率をアップできるだろうと話す。たとえば、約4平方キロに植林する費用が50ドルだとするなら、CO2施肥効果を利用すれば簡単に40ドルまで下げられるとのこと。
CO2施肥効果は、植林や森林破壊の防止など、森林の炭素吸収源に関連するコストを下げてくれます

「私たちはもっと多くの木を植え、古い木を守るべきです。なぜなら結局のところ、気候変動、地球温暖化を緩和する最善の策は、おそらく木だろうからです
References:Climate change is turning the trees into gluttons / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル