top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

最初はできないと思っていたーー小池徹平が語る、3度目の『キンキーブーツ』

マイナビウーマン

取材・文:瑞姫 撮影:佐々木康太 編集:錦織絵梨奈/マイナビウーマン編集部

子犬のような瞳の甘いルックスが印象的な小池徹平さん。15歳の時に「第14回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、芸能界デビューを果たして以来、音楽活動はもちろん、「ごくせん」「ドラゴン桜」「医龍-Team Medical Dragon-」など、大ヒットドラマに立て続けに出演。存在感のある演技で多くの人を魅了した。

デビュー10周年を迎える頃には活動の幅を舞台にも広げ、2016年には舞台『1789-バスティーユの恋人たち-』『キンキーブーツ』での演技力が評価され、第42回菊田一夫演劇賞・演劇賞受賞。

近年では、これまでの小池さんの可愛いらしい印象とリンクした、いわゆる“年下男子”や“お調子者キャラ”とは打って変わった「大恋愛~僕を忘れる君と」「奪い愛、夏」などでの“怪演”が注目を集めた。

そんな小池さんがこの秋、3度目の公演となる『キンキーブーツ』に挑む。2005年に公開された映画を基にした、人気ブロードウェイ・ミュージカル『キンキーブーツ』。

広告の後にも続きます

イギリスの倒産寸前の靴製造工場の若きオーナーであるチャーリー・プライスと、ドラァグクイーンのローラがそれまで製造してきた紳士靴ではなく、ドラァグクイーン向けの特注靴の製造を計画し、共に友情を育みながら工場の経営を立て直そうと奮闘する物語。

日本では2016年に初公演が行われて以来、大きな話題となり、2019年に再演。今回は3回目の公演となり、小池さんはその全てでチャーリーを演じ続けている。

2016年、2019年に続きチャーリー・プライスを演じる小池さんは、今何を思うのかーー初演から6年経った今、小池さんに改めて『キンキーブーツ』という作品を演じた上での自身の変化、そして今回の再演への思いについて聞いたところ、素直な胸の内を揺るがない作品への思いと共に明かしてくれた。

■『キンキーブーツ』再演への決意

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル