top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

佐々木蔵之介の京都弁が「たまらん~!」藤野涼子“ミヤコ”との親子関係にも「ほのぼの」

TVerプラス


佐々木蔵之介が主演を務めるドラマ『ミヤコが京都にやって来た!~ふたりの夏~』(ABCテレビにて3夜連続放送 ※関西ローカル)の第1話が、9月30日に放送された(以下ネタバレが含まれます)。

本作は、昨年1月に放送された『ミヤコが京都にやって来た!』の続編。12年ぶりに再会して共同生活する父・柿木空吉(佐々木)と娘のミヤコ(藤野涼子)の人情ドラマで、第2弾は祇園祭、貴船の川床、五山の送り火という京都の夏の風物詩を通して“ふたりの恋物語”が描かれる。

夏のある日、ミヤコが男と一緒に歩いているところを目撃した空吉。往診先の提灯屋でミヤコと一緒に歩いていた男性が持っていたものと見られるキャリーケースを発見し、その持ち主が跡継ぎ息子・敦彦(結木滉星)のものであると判明する。敦彦とミヤコが付き合っていると思った空吉は、その夜、ミヤコに「一緒やったんか!」と問い詰める。「たまたま東京駅で一緒になっただけ」とミヤコは言うが、空吉は納得できず……。

そんなある日、ミヤコが豆腐配達のアルバイトを終えて帰っている途中、空吉がかつての想い人・佐知子(松本若菜)と再会。その前に、おばんざい屋の池田久子(三林京子)から父親に良い人がいると聞いてしまっていたことから、ミヤコはとっさに「いずれあの家出ますから」と佐知子に伝えるのだった。

SNS上では、「佐々木蔵之介さんの京都弁、たまらん~!」「京都に行きたくなってきた」「前回より親子の距離が近くなっててほのぼのする」といった声が見られた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル