top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

<有吉の壁>美炎-BIEN-&KOUGU維新、アリーナライブに熱意「いかに詰まらせるかが重要。掃除せずハウスダストを溜めている」

WEBザテレビジョン

<有吉の壁>美炎-BIEN-&KOUGU維新、アリーナライブに熱意「いかに詰まらせるかが重要。掃除せずハウスダストを溜めている」

「有吉の壁」(水曜夜7:00-7:56、日本テレビ系)の“ブレイクアーティスト選手権”から生まれたアーティストたちによる音楽ライブ「有吉の壁 Break Artist Live’22」が、10月12日(水)、13日(水)に神奈川・ぴあアリーナMMで開催される。これに際し、“鼻詰まり系ヴィジュアルバンド”・美炎-BIEN-と、工具が具現化した2.7次元アイドル・KOUGU維新が取材に応じ、ライブの意気込みなどを語った。

■美炎-BIEN-のメンバー4人&KOUGU維新から3人が登場

美炎-BIEN-のメンバーは、Kushami(Vo/チョコレートプラネット・長田庄平)、Zumari(Gt/パンサー・向井慧)、Dust(Ba/パンサー・菅良太郎)、Kafun(Dr/チョコレートプラネット・松尾駿)の4人。KOUGU維新からは、プラスドライバを演じる乙ルイ(きつね・大津広次)、平やっとこを演じる淡川幸一郎(きつね・淡路幸誠)、ダイヤモンドカッターを演じるくさかべのりお(マヂカルラブリー・野田クリスタル)が登場した。

■「目立てるように、花道の前にドラムセットを組もうかな」

――皆さんは2021年の「Break Artist Live」にも出演されましたが、昨年の反省はありますか?

Kushami:Kafunがちょっと目立っていなかったかな…。

Kafun:今年は目立てるように、ボーカルの位置とドラムの位置を変えたいと思います。(会場が)どういうセットになるか分からないんですけど、花道の前にドラムセットを組もうかな。

Kushami:邪魔だよ(笑)。Dustももう少し前に押し出したいですね。

Zumari:ベースソロとかね。

Dust:前回はリズム隊(ドラム、ベース)が大人しかったですからね…。

Kushami:今回は、前回のライブより演奏する曲数が多くなっていて、新曲もやる予定です。

Zumari:河村隆一さんが作曲した曲も、もしかしたらやるかもしれないってことでしょ?

Kushami:それはやらない…。

Zumari:やらない!?(笑) 

Kafun:やったほうがいいと思うよ(笑)。

――KOUGU維新さんはいかがですか?

乙:前回は歌とダンスがメインだったので、殺陣を披露する場面が少なかったんです。でも、今回は殺陣を意識されているライブだと聞いたので、そこを見せていけたらなという次第です。

Zumari:熱い思いがあるね~(笑)。

Kafun:KOUGU維新ばっかりリハーサルやってるんだよ(笑)。

――今回は2DAYS公演ということですが、それを聞いた時のお気持ちはいかがでしたか?

Kushami:去年の武道館は(観客数が)6900人で、今年は8000人×2日間で1万6000人。大丈夫かなと思いましたが、前回は大盛り上がりだったので。満員のお客さんの前でパフォーマンスするのはめちゃくちゃ気持ち良かったので、今回も会場を満員にして、みんなで盛り上がりたいなと思いますね。

Zumari:二日間で内容が全く違うので、両日来てほしいですね。

乙:僕は美炎-BIEN-さんをリスペクトしていて、ステージを共にするのが夢だったんです。だから今回は夢のステージだなと思っています。

Kushami:あぁ…、そうですか…。僕らはそんなこと思っていないんですけど(笑)。

淡川:なんだと!?

Kushami:まあ今回のライブが上手くいけば、今後いろいろとコラボやツーマンなどやってもいいかなと思います。

――本番まであと少しですが、現在の手応えはいかがですか?

Kushami:僕たちはいかに詰まらせるかが重要なので。今は部屋を一切掃除せず、ハウスダストを溜めています。

Dust:僕は二日酔いだと詰まりやすいので、酒をガンガン飲んでいますね。

Zumari:ロックだねぇ。

乙:今回、ジグソーという新キャラクターがいるのですが、ジグソーの練習量がすごくて。ダンスと曲の完成度が高く、皆さんを満足させられるような内容になっているので、見てほしいですね。

Zumari:(ジグソーは)モグライダーの芝(大輔)さんだよね?

乙:違います。“うえきゆうや”さんです。

Kafun:うえきさんはドラマとか出ているんですか?

乙:出ています。「金田一少年の事件簿」。

Zumari:俺、見てたけど出ていなかったよ!(笑)

――最後に、読者へのメッセージをお願いします。

Kafun:当日、ドラムの位置がどこにあるのかを楽しみにしていただきたいです。皆さんぜひ見に来てください。

Dust:前回は少し控え目だったので、今回はパワーアップしたリズム隊のパフォーマンスをぜひ楽しみに来てください。

Zumari:前回のギターにキスをするというパフォーマンスを超えられるように、ベストパフォーマンスを出したいです。

Kushami:今回もすごい仕掛けでやってやろうかな。「鼻水木」でアリーナを水浸しにして、プールにしてやろうと思っています。

乙:KOUGU維新としては、南蛮編第一部ということなので、これからの進展を、親方様の皆様に楽しんでいただきたいなという次第でございます。

淡川:我々KOUGU維新も、非常に強固な団体になって参りました。

Zumari:強固な“団体”!? 怖いんだけど…(笑)。

淡川:乙と私の2人でやっていた頃と、何ら変わらないクオリティー…。

Kushami:クオリティー変わってないんですか?

Zumari:成長してないじゃん!クオリティーは上げた方がいいよ!(笑)

Kushami:「精神は変わらず」とかなら分かるんだけど(笑)。

淡川:精神は変わらず、クオリティーも変わらず…。みんな同じ気持ちを持ってやっていますので、ぜひ楽しんでもらえたらなと思います。

くさかべ:工具は生かすも殺すも、使い手次第。(長井秀和の物まねで)間違いない。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル