top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【京都大賞典見どころ】ボッケリーニが兄ラブリーデイとの兄弟制覇を狙う

netkeiba.com

 ボッケリーニに注目したい。目黒記念以来の休み明けを制して重賞3勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■10/10(祝月) 京都大賞典(3歳上・GII・阪神芝2400m)

 ボッケリーニ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)は以前2000m以下を主戦場としていたが、今年に入ってから距離を伸ばし2走前の日経賞でタイトルホルダーに詰め寄って2着、前走の目黒記念で1着など活躍の幅を広げている。全兄ラブリーデイも15年の同レースを勝っており、兄弟制覇に期待が掛かる。鞍上は浜中俊騎手。

 アリストテレス(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)は20年の菊花賞2着、昨年のAJCC1着などの実績を持ち、今回は5月の目黒記念で17着と大敗を喫して以来の仕切り直しの一戦。鮫島克駿騎手との初コンビを予定しており、復活のきっかけを掴むことができるか注目したい。

 その他、今年の阪神大賞典などGIIで2着が2回あるアイアンバローズ(牡5、栗東・上村洋行厩舎)、前走マーメイドSを勝ったウインマイティー(牝5、栗東・五十嵐忠男厩舎)、今年の京都記念勝ち馬アフリカンゴールド(セ7、栗東・西園正都厩舎)、前走宝塚記念で5着だったマイネルファンロン(牡7、美浦・手塚貴久厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル