top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

42人を殺害した介護士…松山ケンイチ&長澤まさみが緊迫の対峙『ロストケア』初映像が公開

シネマトゥデイ

『ロストケア』ティザーポスター画像 – (C) 2023「ロストケア」製作委員会

 松山ケンイチと長澤まさみが共演する映画『ロストケア』の特報映像が公開された。殺人を犯した心優しい介護士の斯波宗典(松山)と、彼に相対する検事の大友秀美(長澤)の鬼気迫る演技が切り取られている。

 本作は、「凍てつく太陽」などで知られる作家・葉真中顕の日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作を映画化。老人介護の現場で起きた連続殺人事件をめぐり、検事が事件の真相に迫る姿が描かれる。監督は『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』などの前田哲。

 今回公開された特報映像では、連続殺人犯の斯波(松山)と真相を追う検事の大友(長澤)が対峙する緊迫の証人尋問シーンを見ることができる。「僕は42人を“救いました”」と語る斯波は、自分のしたことを「殺人」ではなく「救い」だと主張する。白髪でただならぬ過去をもつような佇まいとその信念をもった真っすぐな目つきがただならぬ雰囲気を感じさせる。そんな斯波の言葉に押されながらも正義を貫き通すため反発する大友。松山と長澤の演技バトルともいうべき一場面となっている。

 あわせて、本作の主題歌が森山直太朗の書き下ろしによる新曲「さもありなん」に決定したことも発表。「前田監督からお話をいただき『さもありなん』という曲ができました。介護という一つのテーマでも生きている人の数だけ無数の問題と途方もない答えがあって、何が善で悪なのかはそれぞれ倫理観、置かれている立場によって異なります。大切なのはその『異なり』を寄り添い見守ること。是か非か、ありか無しかを問い合うより無意識の視点で相手の想いを感じること。『さもありなん』はそんな普遍の優しさから生まれた一曲です。泡と化す宇宙の言葉。境のない世界になることを願いながら」とメッセージを寄せている。

 また、本作の劇場公開日が2023年3月に決定した。(編集部・大内啓輔)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル