top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

BiSH、約2万人を動員したグループ史上最大規模の野外ワンマンライブ終幕+アフタームービー公開!

Pop’n’Roll

BiSH、約2万人を動員したグループ史上最大規模の野外ワンマンライブ終幕+アフタームービー公開!

【画像はこちら】

BiSHが、本日10月2日(日)に富士急ハイランド・コニファーフォレストにて、グループ史上最大規模の野外ワンマンライブ<BiSH OUT of the BLUE>を開催し、アフタームービーを公開した。

同公演は、当初2022年7月30日(土)に開催予定だったが、メンバーの新型コロナウイルス感染により延期。振替公演となった本日、約2万人を動員して行なわれた。

BiSHも清掃員(BiSHファンの総称)も待ちに待った同公演では、メンバーはデニム生地に夏らしいブルーが映える同公演のオリジナル衣装を身に纏って登場。ライブ定番曲「BiSH -星が瞬く夜に-」から開幕した。

最初の自己紹介MC明けには、BiSHの夏曲として清掃員からも人気を誇る「デパーチャーズ」を披露し、野外ワンマンらしい爽やかさと疾走感でギアを一気にアップ。モモコグミカンパニーをフィーチャーした盆踊りダンスが楽しい「LiE LiE LiE」、「CHOP」を続けて届けると、会場は一体となった。

ライブ中盤には、<第72回紅白歌合戦>歌唱曲である「プロミスザスター 」で、これまでの清掃員への想いや自身最大規模のワンマンライブが開催できたことへの感謝を込めた。

アンコールでは、ブルーを基調とした衣装から、赤と黒が印象的な12ヵ月連続リリース第8弾「サヨナラサラバ」のMV衣装にチェンジし、Taka(ONE OK ROCK)、MEG(MEGMETAL)作曲、KENTA(WANIMA)作詞のパンクロックナンバー「サヨナラサラバ」をアクト。

アンコールのMCでは、セントチヒロ・チッチが“こんな大きな会場で、端から端までの清掃員とBiSHで、夏の最後に大きな想い出を作ることができました。こうして目と目を合わせて清掃員に会えるということがすごく幸せだと思えた時間でした。6年前に初めてやった野外ワンマンライブで披露した「オーケストラ」が、BiSHをたくさんの人に出逢わせてくれるきっかけになったと思います。今日はその時の「オーケストラ」を超えるような、富士山を超えていくくらい響き続けるように願って届けます”と語り、BiSHの代表曲の1つである「オーケストラ」を歌唱し、メンバーと清掃員の気持ちが1つとなった。

アンコールラストには「BiSH-星が瞬く夜に-」を見せて、同公演は幕を閉じた。

なお、BiSHは、10月25日(火)には横浜アリーナにてワンマンライブ<TO THE END TO THE END>を開催する。

ライブ撮影:青木カズロー、Jon…、夏目圭一郎

広告の後にも続きます

BiSH

「UP to ME」

発売日:2022年9月21日(水)
AVCD-61240 ¥1,100

01 UP to ME
02 YOUTH

■全国汎用特典
12ヵ月連続ステッカー【9月】

BiSH「UP to ME」
販売サイト一覧

連続リリース第11弾「タイトル未定」
予約はこちらから

連続リリース第11弾「タイトル未定」

発売日:2022年11月23日(水)
AVCD-61260 ¥1,100

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル