top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【ステージ楽器紹介】Petit Brabancon、antz Guitar Sound System「バリトンと7弦による重低音」

BARKS


Petit Brabanconが、9月8日(木)の愛知・Zepp Nagoyaを皮切りに、9日(金)大阪・なんばHatch、13日(火)神奈川・KT Zepp Yokohama、16日(金)福岡・Zepp Fukuoka、21日(水)東京・Zepp Hanedaといった計5都市をまわる自身初のライヴツアー<Resonance of the corpse>を開催した。そのステージは先ごろ公開したレポートでお伝えしたとおり。京(DIR EN GREY / Voice)、yukihiro(L’Arc-en-Ciel / Drums)、ミヤ(MUCC / Guitar)、antz (Tokyo Shoegazer / Guitar)、高松浩史(THE NOVEMBERS / Bass)といったモンスターバンドの存在感は凄まじく、想像を遙かに超えた圧倒的な音圧はあまりにも獰猛であまりにも繊細だった。

◆Petit Brabancon antz 画像

楽器にはそのバンドの方向性やプレイヤー自身の個性が表れる。BARKSは初ツアーを控えた9月某日、某スタジオにて、メンバー個々の使用機材を取材。メンバー個々のサウンドシステムにスポットを当ててご紹介したい。その第二回目はギタリストのantz。

   ◆   ◆   ◆

ドロップGチューニングのバリトンギターは武道館イベント<JACK IN THE BOX 2021>以前から、ドロップAチューニングの7弦ギターは<Petit Brabancon 1st Premium Shooting Live 2022「渇き」>でも使用していたもの。今回のツアー<Petit Brabancon Tour 2022「Resonance of the corpse」>では新たにFenderのジャズマスターが加わり、これら3本を楽曲によって使い分けている。

サウンドシステム自体は、現在のシーンの中ではシンプルな部類に入るかもしれないが、自身のフェイバリット機材を吟味して長く使い続けるという意味で、サウンドメイクや楽器自体に強いこだわりを持つギタリストといえるだろう。

   ◆   ◆   ◆

【GUITAR編】


▲Ibanez FRIX7FEAH 7st Iron Label CSF Charcoal Stained Flat 2017

ドロップAチューニング用のギター。antzは当初、「ヘヴィなサウンドを出すために7弦を使うことはイージーな選択」と感じて避けていたが、アルバムレコーディングを進めていく中で必要性を感じて7弦ギターを自身初導入。それまで苦労していたプレイがたやすく行なえることに、目から鱗が落ちたような感覚を味わったという。FRIX7FEAHはヘヴィで煌びやかなトーンを創出すべく、アッシュボディー、メイプル/ブビンガネック、エボニー指板、ハムバッキングのEMG製アクティヴピックアップを2基搭載。優れたプレイアビリティーを備えていることも魅力だ。



▲Fender MEX Blacktop Baritone Telecaster

ドロップGチューニングの楽曲で使用。Petit Brabancon加入以前から所有していたギターだが、ヘヴィなリフにも合うと気づいて、初ステージとなった<JACK IN THE BOX 2021>ではメインに。製品名に“バリトン”という言葉が入っていることからわかるように、27インチスケール(※テレキャスターは通常25.5インチ)仕様が最大の特徴で、一般的な6弦ギターに近い弾き心地ながら、ダウンチューニングによってヘヴィなトーンを生み出すことができる。また、フロントとセンターにシングル、リアにハムバッキングのピックアップ配列は多彩なトーンを作り出すことが可能だ。操作性としてはフィット感を高めるボディー裏のコンタード加工、22フレット仕様など、モダンなスペックが与えられていることも注目に値する。ウッドマテリアルにはアルダーボディー、メイプルネック、ローズウッド指板を採用しているなど、トラディショナルだ。



▲Fender USA American Vintage ’62 Jazzmaster

9月からスタートしたツアー<Resonance of the corpse>で初披露となったジャズマスターは、アルバム収録曲「come to a screaming halt」のみで使用されるもの。もともとシューゲイザーサウンドを得意とするantzだけに、10年ほど前、東京酒吐座のために入手。「経年変化によってラッカー塗装に風合いが出てきた」という。ジャズマスターはフェンダーの上位機種にしてジャズ用モデルとして1958年にリリース。antzのギターは’62年製ジャズマスターを忠実に再現したモデルだ。この年代のリイシューには珍しくキャンディアップルレッドのマッチングヘッドにべっ甲柄のピックガードといった仕様もお気に入り。また、ブリッジは弦落ち対策等のためにムスタング用に交換されている。「come to a screaming halt」で使用するピックアップはフロント。「クリーンが太く芯があり、それを歪ませた時の野太く乾いたサウンドが好き」とのことだ。


◆【antz Guitar Sound System AMP&EFFECTOR編】へ


【AMPLIFIER】

「リフを弾いた時の音が気持ち良い」という理由でアンプにはメサ/ブギーのRoad Kingを使用。数々のコンパクトエフェクターを軸にしつつ、それらをPROVIDENCEのプログラマブルエフェクトコントローラーで一括制御。現代プレイヤーのシステムにふさわしい機能性とサウンド的個性を両立させたスタイルだ。シンプルなスタイルながら多彩なトーンを引き出すantzらしいシステムだと言えるだろう。


▲Mesa/Boogie Dual Rectifier Road King

伝統的ハイパワーアンプでは得られない重厚でモダンなサウンド、ローの立ち上がりの速さなどに魅力を感じてRoad Kingを愛用。Road KingはMesa/Boogie Dual Rectifierの最上位機種で、4チャンネル/12モード仕様を活かし、透明感溢れるクリーンからRectifie特有のファットなハイゲインまで、自在にサウンドをクリエイトできる。

また、Road Kingのキャビネットには、セレッション製ビンテージ30とセレッション製MC-90といった異なるスピーカーユニットを搭載しているほか、キャビネット裏の右側がオープンバックという独創的構造も特徴。これら仕様がトーンバリエーションを生み出している。



▲RJM Amp Gizmo

アンプヘッドの上にはRJMのアンプチャンネルスイッチャーAmp Gizmoをセット。これはギターアンプのチャンネルやブースト、リバーブ等のオン/オフを行うMIDIシステムとして使用できるツール。

ピックはポリアセタール製のティアドロップ型を使用。一般的なティアドロップよりも先端が尖ったシェイプ、滑り止めとしてサンドグリップ加工が施されていることがポイント。厚さは0.8mm。


   ◆   ◆   ◆

【EFFECTOR and more】


ミヤ同様、エフェクターはふたつのボードをL字型に配置。antzはステージ上手のポジションのため、足下正面にメインボード、サブボードをその左側に置いている。



▲メインボード:下段右側から、Triplegraphのオクターヴピッチシフター、BOSSのピッチシフターPS-5、PROVIDENCEのプログラマブルエフェクトコントローラーPEC2。上段右側からコルグのチューナーPitchblack、VITAL AUDIOのパワーサプライPOWER CARRIER VA-12、BOSSのノイズキャンセラーNS-2、アイバニーズのオーバードライヴTS9、マクソンのオーバードライヴOD-9、ZOOMのマルチエフェクターMS-50G、ZOOMの空間系マルチエフェクターMS-70CDR。

足下正面のボードにはマルチエフェクターやオーバードライブ、ピッチシフターがセットされているが、注目はマクソンのOD-9とアイバニーズのTS9を併用している点。OD-9のOEM製品として誕生したTS9は姉妹製品と言って過言でない。antzはその微妙な音色の違いを活かしつつ、それぞれを異なるセッティングで曲によって使い分けている。なお、ZOOMのMS-50GとMS-70CDRといった2台のマルチエフェクターは、Petit Brabanconは現場での素早い音作りを求められることが多く、それに対応するために導入されたもの。コンパクトながらトーンクオリティーが高く、デジタルゆえ無茶なセッティングによるトリッキーな音色も簡単に作ることができるとのこと。



▲サブボード:下段右側から、Marty Lost WorksのファズZIP BOY BIG FUZZ、MASF PedalsのディレイPOSSESSED、BOSSのデジタルディレイDD-20 GIGA DELAY、LINE6のリバーブVerbzilla。上段右側から、MATOBA FACTORYのパワーサプライPOWER SUPPLY、LINE6のモデリングエコーマシンEcho Pro。

左側のボードには、LINE6のEcho ProやBOSSのGIGA DELAY、ランダムなディレイ効果が得られるMASF Pedals POSSESSED、LINE6のVerbzillaといった空間系ほか、ファズを配置。ディレイ/リバーブが充実しているなど残響音へのこだわりはantzならでは。また、メインボードも含めて絶版となっている名器が多い。

取材・文◎村上孝之
撮影◎土居政則


◆【antz Guitar Sound System GUITAR編】に戻る


■<Petit Brabancon EXPLODE -01->

2023年1月28日(土)  東京・豊洲PIT
open17:00 / start18:00
(問)HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
▼チケット
・SSスタンディング:¥25,000 (前方エリア・オリジナル特典付き/税込・整理番号付き・ドリンク別) ※オリジナル特典後日発表 ※予定枚数終了
・一般スタンディング:¥8,800 (税込・整理番号付き・ドリンク代別)
【オフィシャル二次先行】
受付期間:2022年10月1日(水)18:00〜10月15日(土)23:59
イープラス https://eplus.jp/pb23/
受付方法:抽選
制限枚数:1人4枚まで
チケット受取:スマチケ・紙チケット併用
※申し込みにはe+の会員登録が必要です(登録無料)

関連リンク

◆Petit Brabancon オフィシャルサイト
◆Petit Brabancon オフィシャルTwitter
◆Petit Brabancon オフィシャルInstagram
◆Petit Brabancon オフィシャルFacebook
◆Petit Brabancon オフィシャルYouTubeチャンネル
◆Petit Brabancon オフィシャルECサイト

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル