top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【全日本】あすなろ戦士vsヤングライオンで聖地沸騰 新日・藤田が井上撃破も大乱闘

プロレス/格闘技DX

【全日本】あすなろ戦士vsヤングライオンで聖地沸騰 新日・藤田が井上撃破も大乱闘

『2022旗揚げ記念シリーズ』東京・後楽園ホール(2022年10月2日)
○藤田晃生&永田裕志&中島佑斗&大岩陵平vs宮原健斗&野村卓矢&安齊勇馬&井上凌×

 全日本のあすなろ戦士と新日本のヤングライオンによる熱い団体対抗戦に聖地・後楽園ホールが沸騰。最後は新日本の藤田が井上を逆エビ固めで仕留めたものの、その後も両軍が大乱闘を繰り広げた。

 「全日本プロレス50周年記念特別試合in後楽園ホール」と題し、あすなろ戦士とヤングライオンによる注目の対決が実現。全日本の井上&安齊が宮原&大日本の野村と、新日本の中島&藤田&大岩が永田とそれぞれ組み、団体を背負って気持ちをぶつけ合った。

 ゴング前から両軍は早くもヒートアップして視殺戦を展開。先発した安齊と中島が闘争心むき出しでやり合う。井上も4・16後楽園還暦祭の第1試合で敗北を喫した藤田を強烈に意識。そこに大日本・野村や大岩も加わり、団体対抗戦らしい喧嘩腰の熱戦となった。

 宮原は控えに回る場面が多かったが、あすなろ戦士たちに何度もゲキを飛ばし、大人げなくカットに入る場面も。敵意むき出しのヤングライオンをキッチリと返り討ちにすると、永田には敬礼ポーズから低空ドロップキックを放つなど存在感を発揮した。また、永田も世界最強タッグ決定リーグ戦で組むことになった安齊を意識。胸板へのハンマーパンチ連打をあえて正面から受け止め、ローキック連発でお返しした。

 あすなろ戦士とヤングライオンはリング上の戦いのみならず、控えに回っても場外で大乱闘を繰り広げるなど意地をぶつけ合った。場内も沸騰し、対抗戦特有の刺激的な興奮が聖地に充満する。そんな中、井上と藤田が再び対峙。リベンジを狙う井上がハーフハッチやダイビングエルボードロップで藤田を追いつめたものの、ヤングライオンは引かず。藤田はドロップキックで巻き返すと、なおも粘る井上をフロントスープレックスでぶん投げ、逆エビ固めに捕獲。ロープを目指す井上をリング中央に引きずり込み、絞めに絞めてギブアップを奪った。

 決着がついたあとも安齊と中島、野村と藤田が場外で乱闘。安齊と中島がエキサイトすると、永田と宮原が割って入る場面も。藤田と井上もビンタを打ち合って混乱はなかなか収まらず。最後は悔しさをあらわにしたあすなろ戦士たちに見せつけるように、新日本カルテットが堂々の勝ち名乗りを上げた。

 聖地を何度も沸かせた団体対抗戦を制したヤングライオンたちは「安齊なめんじゃねえぞ。次はてめぇのタマ取ってやるよ、俺が」(中島)、「すげぇ楽しい。これからもバチバチバチバチ俺らとやっていこう!」(大岩)、「まだまだこんなもんじゃないと思ってる。井上ともいつかまた。いつかぶっ潰してやるからな」(藤田)と試合を終えても闘志むき出し。「お前らに勝つまで、絶対俺は負けない。次は俺が真っ二つになるまで逆エビしてやるから」(井上)、「中島。俺はまだ負けてねえからな。俺はまだギブアップ取られてねえから」(安齊)と全日本勢もリベンジを誓っており、再び相見えることがあれば、さらなる激闘が期待できそうだ。

 一歩引いた立場の永田も満足げ。対戦相手になった安齊とは最強タッグで組むことになり、「予想以上に安齊の気迫が凄かったね」と評価し、「最強タッグは安齊をより男にできるように頑張っていきたいですね」と意気込んでいた。

【試合後の永田&中島&大岩&藤田】
※京平レフェリーが「またやってほしいな」と語って去っていくと

▼永田「今の京平さんの一言が全てです。安齊のデビュー戦の相手をして、安齊って果たしてどうなのかなって。俺はヤツの今できることをこの体で全て引き出してやっただけだから。ただ、うちの若いヤツはとんでもない火の玉小僧ばかりだから。そいつらをぶつけたらどうなるかっていう思いがあって、このカードが組まれて。よしと思って見てたら、いやよかったね、安齊も負けず引かず。うちの3人がこうやってやるのは当然。それに対して安齊と井上、彼らがどうするか見たけど、予想以上に安齊の気迫が凄かったね。まあ、デビュー戦でヤツの可能性というものを引き出すだけ引き出してよかったなと思いますよ。これがそういうファイティングスピリットのないヤツだったら、ただ受け身の取れ損ねって感じだったけど、よかったよ。ああいう気持ちを持って、最強タッグは安齊をより男にできるように頑張っていきたいですね。おい、お前らも思いの丈を叫べ。マスコミの数だけ吠えてやれ。藤田、大岩」

▼大岩「初めての全日本プロレス、野村と安齊と井上。あの若手、すげぇ楽しい。これからもバチバチバチバチ俺らとやっていこう! ありがとうございました」

▼藤田「若手だろうと、ベテランだろうと、そんなの関係ない。今日勝ったのは新日本プロレス! 永田さん、そしてヤングライオン3人、そして俺だ。まだまだ、まだまだこんなもんじゃないと思ってる。井上ともいつかまた。いつかぶっ潰してやるからな。ありがとうございました」

▼中島「おい、安齊。てめぇ全日本からプッシュされてるらしいな。昨日、俺の地元の連れから連絡来たけど、twitterで今日は喧嘩だとか言ってたらしいな? てめぇストリート経験あるのか? なめんじゃねえぞ。次はてめぇのタマ取ってやるよ、俺が」

【宮原の話】「見ての通りだ。俺が言っている通り、全日新時代はどうやらこの5試合目を見てわかる通りだ。始まってるな。宮原健斗が5試合目だ。面白くなってきたな、全日本プロレス。これが俺が望んでいた景色だ。さあ、大森隆男さん。このままでいいと思っているんですか? このままで本当に取れると思っているんですか? 今日は第1試合ですか? どんな試合だろうが、このベルトを見据えてこい、大森隆男」

【試合後の野村】
▼野村「勝ちました? 負けたか? 全日本連合軍負けてしまいました。まあ、最強タッグに宮原健斗と出ることになりましたが、タッグというのは一蓮托生ですから。お互いの手を取り合って、優勝目指して頑張りたいと思いますけど、上手くいくかわかりません。

――手を取り合うどころか顔を張っていたが?

▼野村「そう。今日はなんかハグしてきたから、気持ち悪いなと思って。これからタッグってものをもっともっと。宮原健斗とのタッグを向上させていきたいと思います」

――なかなか新日本のヤングライオンと当たることはないと思うが、対戦してどうだった?

▼野村「いや、体が大きいですね、みんな。体が大きいなって。でもなんか、僕だけ言うなればひとりだけ部外者だったんで。僕は好き勝手やらせてもらいました。でも、全日本の安齊選手と井上選手も全然引かずに、新日本のヤングライオンたちに立ち向かってたんで。相乗効果で、いいことになるんじゃないですか、お互いにとって。僕はインディペンデントなんで。インディペンデント魂でこれからも突っ走っていきます」

【井上の話】「おい、藤田、中島、大岩! 今日は俺がギブアップ取られたけど、俺はまだ諦めないぞ。お前らに勝つまで、絶対俺は負けない。次は俺が真っ二つになるまで逆エビしてやるから。覚えてろ、オラ!」

【安齊の話】「おい、中島。俺はまだ負けてねえからな。俺はまだギブアップ取られてねえから。覚えとけ、お前」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル