top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

BiSHプロデューサー 渡辺淳之介、ボーイズグループ分野になぜ参入? 「僕らが目指してるのは“パンピーの頂点”」

Real Sound

渡辺淳之介(写真=はぎひさこ)

 BiSHや豆柴の大群、GANG PARADEなどが所属するWACKに、初となるメンズグループ・WACK BOYZ(仮)が誕生した。その合宿オーディションは、2022年2月と8月の二度にわたって開催され、代表である渡辺淳之介の並々ならぬ意気込みを感じさせた。

(関連:BiSH解散、豆柴の大群×AKB48……話題振りまいたWACKの1年 存在感示す新たな動きも

 そして、7人のメンバーが決定したが、なんと活動は関西で行うという。そのためにWACKは大阪支社を設立するというのだ。渡辺は、現在はバンドのオーディションや、スタイルに囚われないデモテープの募集もしている。WACKはさらに大きな事務所になろうとしているのだろうか? 渡辺に真意を聞くと、シーンへの目配せの幅広さ、細かさが浮かびあがることになった。(宗像明将)

■女性アイドルの事務所がやりたくて会社をやってるわけじゃない

ーー今までのWACKは女の子ばかりだったから、ファンから「BiSHがいるのにメンズグループを作るな!」という声もあるんじゃないですか?

広告の後にも続きます

渡辺淳之介(以下、渡辺):(即答で)来てますね。

ーーあはは!

渡辺:メンズグループは危険だと。僕も去年はスキャンダルがありましたけど、やっぱり“男の子のおちんちん”については信用ならない、と。メンズグループのきっかけは、「Project WACKちん」(渡辺のオンラインサロン『WACOS』から生まれたオンライン上のオーディション)で「今回は男女にしてみよう」ってやってみたら、男の子もすごく頑張ってくれたことなんです。「これはちゃんとオーディションしてみないとわからないな」となって。最初は、僕もメンズがわからないし、「本当にやるかどうかはわからない」っていう前置きをさせてもらいながら合宿をやったんですけど、「メンズも可愛いな?」みたいに感じて。最初に合格した3人については何かしら関わりたいなっていう気持ちになったんで、合宿の最終日にはもう構想しはじめて。そのとき、完全に場所をわければ男女が交わることがほぼないので、拠点を地方に移そうっていうのがありましたね。僕たちの中では「WEST構想」って言ってて(笑)、西は男性、東は女性みたいな。

ーーメンズグループは、WACK大阪支社を作って関西拠点にするという話に驚きました。

渡辺:「万一所属タレント同士で何かあったときに素直に喜べるかな?」って考えたんですよね。それで極限まで可能性を潰す意味で地域をわけました。もうひとつの理由としては、メンズグループについて僕も調べたんですが、大手事務所以外の「メン地下」と言われるところの成功例の一つってBOYS AND MENで、名古屋発なんですね。他と差別化を図って踊り出た状況があったんで、そのほうがいいかもしれないと。大阪には大阪にしかないメディアも多くて、僕たち自身でプロモーションすれば可能性があるんじゃないかと思いました。

ーー渡辺さんはかつてWACKで、男性バンドのthis is not a business(2015年解散)を手がけたものの、末期はメンバーから曲も集まらない状況があったじゃないですか。あのとき「男のほうが根が深い」と言ってましたが、WACK BOYZのメンバーたちは扱いやすいですか、扱いづらいですか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル