top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

長さ90㎝だとっ!? 岡山の『鬼の金棒うどん』が桃太郎もビックリのサイズ! そしてウマい!!

ロケットニュース24

長さ90㎝だとっ!?  岡山の『鬼の金棒うどん』が桃太郎もビックリのサイズ! そしてウマい!!

ある日突然、巨大な箱が我が家に届いた。心当たりは全くなく、怪しさしかない。がしかし差出人の欄を見ると、友人の名が書いてある。

……開けるか。意を決し封を切ると、なにやら細長い筒が登場した。よく見ると『鬼の金棒うどん』と書いてある。そうか、うどんか……って長くないかこれ?? 

・岡山で作られている鬼の金棒

『鬼の金棒うどん』は岡山県の “かも川手延素麺” という会社が作っているという。さすが岡山、鬼の金棒さえも食べちゃう姿勢である。

検索したところ、オンラインでは税込2470円で売られていた。内容量は480gとのことだ。3人前ちょいといったところだろう。

上に書いた通り、容器は金棒に見立てた筒状。その中にうどんが入っている仕様だ。このうどんが、なかなかに曲者でずーーーんと長い。驚くべきことに、90㎝もあるのだ。

広告の後にも続きます

調理方法の説明欄に3分の1ほどに切って茹でるよう書かれていたが、なんとなくそのまま食べなければいけない気がした。

ので、たっぷり沸かしたお湯にドボンしてみた。しかしながら喉に詰まったりしたら危険なので、そのあたりは自己判断でよろしく頼む。

・持ち上げるのには腕力と握力が必要

さて。茹でている最中にも感じたが、茹で上がるとさらにその長さをひしひしと感じる。これだけの長さを途切れさせずに作るのは大変だろう。

かつて自分でちょん切って食べるタイプの小豆島の手延べ半生そうめんを食べたこともあるが、それ以上だ。

茹で上がったものをザルにあげるのも一苦労であるし、箸でつまむのも結構な握力と腕力を要する。行儀が悪いと言われるかもしれないが、思わず両手を使って持ち上げてしまった次第だ。

約1メートルと言えば記者の背丈の半分以上あるのだから、冷静に考えればそれもそうだ。今回は冷たくしてつけ汁につけて食べるスタイルにしたため、よりパワーが必要だったようにも感じる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル