top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東出昌大「山小屋で狩猟」仙人生活に「女性がイノシシに代わっただけ」強烈皮肉

アサ芸プラス

 2020年1月に女優・唐田えりかとの不貞が発覚、7月に妻の杏との離婚を発表していた俳優の東出昌大が、山奥で「仙人化」していることが分かり、驚きの声が上がった。

 東出の自給自足生活を報じた「週刊女性」によると、東出は関東近郊の山小屋で狩猟中心の生活を送っているといい、記者の質問に「仕留めた獣は自らさばき、余った部分は食肉加工工場へ持っていって、ソーセージにしています。あとは近くで採れた山菜や、近所の方にいただいた野菜などを食べて生活しているので、食費も0円に近いですね」と説明。

 また、1人で新たな山小屋も建設しているとのことで、「将来的にはそっちの小屋に住もうと思って、1人で作っているところなんです」と笑顔で答えたという。

 これにネット上では、「すっかり仙人化してるね(笑)。でも都会でおちゃらけた生活してるよりはマシだな」「携帯電話も圏外でくみ取り式のトイレってすごいな。本人も反省してるんじゃないか」「ここまでストイックとは思わなかった。ビックリしたわ」などといった声が上がっている。

「ただ、一方では『来年には飽きて東京に住んでそう。今は山奥に引っ込んだ方がマスコミに追われなくてすむし気楽なんだろうね』『狩りの対象が女性からイノシシや鹿に代わっただけか。こればかりは本能なんだろうね』『芸能人だからなぁ。所詮ビジネスでやってるようにしか見えない』などといった皮肉も飛び交っています。東出の山小屋暮らしはドキュメンタリー番組としてスペースシャワーTVで放送されるので、仕事の一環のような感覚なのかもしれません」(芸能ライター)

広告の後にも続きます

 記事ではインタビュー後に大股開きで煙草をふかす写真も掲載されていた東出。もはやここまで来ると、世間のイメージなどどうでもいいのかもしれない。

(ケン高田)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル