top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鈴木彩艷「フィールドでは何もできなくなった」少年が世代屈指のGKへ。先輩・西川周作のことは「本当にすごい」とリスペクト

web Sportiva

サッカー日本代表「パリ世代」インタビュー05
鈴木彩艷(浦和レッズ/GK)前編

 プロ野球の球団などと違い、Jリーグのクラブはそれぞれ自前の選手育成組織であるアカデミーを持っているのが特徴だ。

 アカデミーで育ち、トップチームで活躍する選手は、クラブにとっても、応援するファン・サポーターにとっても特別な存在。まして、ジュニア(小学生チーム)からのアカデミー育ちともなれば、もはやクラブの宝と言ってもいいのかもしれない。

 そんな”生え抜き中の生え抜き”選手として、浦和レッズでプレーするのが鈴木彩艷である。

 身長190cm、体重93kgという恵まれた体躯を生かし、GKに必要な要素をことごとく備える多才な20歳は現在、浦和でのレギュラーポジションを掴むべく、日々競争に励んでいる。

広告の後にも続きます

   ※   ※   ※   ※   ※


鈴木彩艷(浦和レッズ)2002年8月21日生まれ

—- 鈴木選手はジュニアからのアカデミー育ちです。どんなことがきっかけで浦和に入ったのですか。

「もともと地元が浦和で、浦和レッズは地元のクラブ。はじめは少年団(通っていた小学校のチーム)に入っていたんですけど、自分が小学5年生の時に浦和レッズのジュニアチームが立ち上がると聞いて、もう受けない選択肢はなかったですね。

 小さい時から埼玉スタジアムへ試合を見に行っていましたし、兄が少年団の時に当時のボーイズマッチ(現・URAWA KIDS MATCH。さいたま市内のスポーツ少年団によるJリーグの前座試合)に出たのも、スタンドから見ていました。なので、やっぱりこのスタジアムでやりたい、という思いが強くて、ジュニアのセレクションがあると聞いた時は、すぐに受けようと思いました」

—- セレクションに受かった時は、これで憧れのレッズに入れるんだ、と。

「(セレクションの前に)母に『もうGK(で選ばれる選手)は決まっているらしいよ』と、けっこうプレッシャーをかけられるようなことを言われていて、本当にやばいと思って最後のセレクションを受けていたので、受かったと聞いた時は本当にうれしかったですね。まあ、母の話はウソだったみたいなんですけど(笑)」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル