top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ラグビー日本代表、新戦力のふたりが躍動。FL下川甲嗣とSO中尾隼太の魅力とは?

web Sportiva

 新戦力が躍動した。ラグビーの日本代表「JAPAN XV(ジャパン・フィフティーン)」は、オーストラリアAに22-34で敗れた。だが、”代表デビュー”の23歳、FL(フランカー)下川甲嗣と27歳、SO(スタンドオフ)中尾隼太、ふたりの九州男児が気を吐いた。


代表デビュー戦で躍動した下川甲嗣

「俺たちからいこう」。下川によると、実は前日のジャージ渡しの後、ふたりでこう、檄を飛ばし合った。初めてのこのレベルでの国際試合。緊張とワクワク感。来年のワールドカップ(W杯)を目標に置くふたりは、この日、己の力を出しきることにただ、集中した。

 10月1日の東京・秩父宮ラグビー場。秋の代表戦シリーズの第一戦。ナイト照明の下、スタンドにはほぼ満員の約2万の観衆が詰めかけた。心地よい夜風に拍手と歓声がのった。

 下川は、ナンバー8のリーチ・マイケル、FLピーター・ラブスカフニの日本代表ベテランとバックローを組んだ。相手は豪州代表に次ぐ豪州Aとはいえ、トイメンは豪州代表キャップ(国別対抗戦出場数)25のネッド・ハニガンだった。国内のリーグワンでは東京サントリーサンゴリアスの選手として、世界クラスの選手と共に戦っているが、「初めての国際試合でスピード感が全然違うなと感じました」と振り返る。

「力強さはもちろんですが、スピード感を感じました。相手が向かってくるスピードとか、展開スピードとか、テンポとか。これほどの接点でのダメージは初めての経験でした」

広告の後にも続きます

 それでも、ディフェンスではからだを張った。相手のスピードに負けまいと鋭く前に出る。ゲインラインは突破させない。タックルしては立ち上がり、次のポイントに走る。まるで「体力オバケ」。持ち前のハードワークに徹した。

「パンチ・ファースト」、これが日本代表のゲームテーマだった。コンタクトエリアでも、スクラムでも相手より先に仕掛ける、との意図だ。下川は接点でもパンチを繰り出し続けた。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル