top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

電気と水の確保はどうする?DIYで自宅避難できる家づくりに取り組む西野弘章さんに聞く③

防災ニッポン

写真説明:自宅に備えていたエンジン発電機

西野弘章さんの「逃げなくてもいい家」③ 快適さにつながるライフラインの自給自足

2019年9月に千葉県の房総半島を襲った台風15号で、家族で自宅避難生活を送った西野弘章さん。時に38度に達する猛暑のなか、2週間の停電と1週間の断水を乗り切りました。その体験から、「逃げなくてもいい家」の条件として「ライフラインの自給自足」を挙げています。今回はそのために必要な対策やグッズについてうかがいました。

こちらの記事もおすすめ!→夏から秋にかけて風水害に要警戒です!注意点と防災のポイント

――被災時、停電にはどう対応されたのですか?

最初は、スマートフォンの充電などに使うモバイルバッテリーで過ごしていました。3日目に倉庫に眠っていたエンジン発電機を利用しました。

自宅倉庫に発電機を備えていた

広告の後にも続きます

東日本大震災の時に入手し、ずっと使っていなかったのですが、ガソリンを入れ、エンジンをかけてみると、幸い問題なく動きました。スマホの充電、照明のほか、冷蔵庫、洗濯機も使えました。ものすごく暑かったので、昼間の数時間、エアコンを使えたことも助かりました。

ただ、エンジン発電機は騒音や排気の問題があり、マンションや都市部の家で使うのは難しいと思います。あれから3年たち、いろいろと知り合いの家の防災化をアドバイスしているうちに、ソーラー発電をしている友達も増え、非常用電源の考え方も変わってきました。

――西野さんが考える今、一番のお勧めは何ですか?

ソーラーパネルに対応したポータブル電源です。3年前に比べて安くなり、性能もアップしています。騒音や排気の問題がないのでマンションでも使えます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル