top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2016年樹立の「モンゴル・露・中の政府間協定」へ、ベトナムが参加意欲高める。狙いは貿易発展

幻冬舎ゴールドオンライン

モンゴルの視点から見た国際ニュース、また同国社会の政治的・経済的ニュースを取り扱う現地モンゴル・ウランバートルのメディア『The UB Post』より翻訳・編集してお伝えする。

2024年、両国外交関係樹立70周年に向けて緊密協力

9月13日から16日にかけて、第18回モンゴル・ベトナム政府間委員会が開催され、二国間協力の将来的な道筋を議論した。D・サランゲレル労働・社会保護大臣とレ・ミン・ホアン農業・農村開発大臣が会合に参加した。

会談では、モンゴルとベトナムの政治、貿易、投資、経済、農業、道路交通、文化、教育、環境、観光、労働、科学技術協力など幅広い問題について議論し、協力の方向性を定義した。

サランゲレル大臣は、モンゴルは多柱式外交政策の枠組みの中で、東南アジア諸国との関係・協力の拡大を特に重要視していると述べ、身近なパートナーであるベトナムをこの関係における架け橋と考えていることを強調した。

2024年のモンゴル・ベトナム外交関係樹立70周年を前に、双方は定期的な相互訪問を実施し、記念日の厳粛な祝賀のために緊密に協力することに合意した。また、両国の貿易・投資・経済協力の更なる拡大の可能性が十分にあることに合意し、互恵的な貿易・経済協力の拡大・発展への意欲を表明した。

広告の後にも続きます

今後、両国間の貿易を拡大し、貿易の流れを双方向にする枠組みの中で、両国はモンゴルからベトナムへの原料炭やその他の鉱産品の輸出の可能性について引き続き検討することを決定した。

さらに、大臣たちは、モンゴルとベトナムの間の投資に有利な法的環境を作り、観光を発展させることによって、2025年までに2国間の貿易高を5億米ドルに増やすことに同意した。

双方は、モンゴルからベトナムへの冷凍牛肉、マトン、ヤギ肉の輸出のための法的枠組みを作ることを非常に重要視していると表明。ベトナム側は2022年の第4四半期までに評価チームと関連専門家をモンゴルに任命し、今年中にモデル獣医証明書を確定することを決定した。

経済連携と自由貿易協定のための専門家を準備する枠組みで、サランゲレル大臣とレ・ミン・ホアン大臣は、ベトナムの他国との自由貿易協定の経験を研究し、モンゴルの専門家らの能力をさらに強化するために研修を開催し続けると約束した。

モンゴル・ロシア・中国が加盟する政府間協定とは

また双方は、二国間の道路輸送と物流の障壁に対する実現可能な解決策を見出すために協力することの重要性についても強調した。この観点から、道路港湾の開発について緊密に協力し、相互のこれまでのデータを研究、道路・鉄道分野での協力を拡大することを決定した。

ベトナム側は、モンゴル、ロシア、中国が2016年に署名したアジア高速道路網における国際道路輸送に関する政府間協定に参加することに関心を示した。モンゴル側は、ベトナムが同協定への加盟に前向きであることを指摘し、この点での支持を表明した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル