top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

認知症リスク1.7倍…放置してはならない「膝の違和感」【専門医が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

日々の生活のなかで、膝の違和感や痛みをおぼえたことのある人は少なくないでしょう。ただしその違和感は一瞬であることが多く、気にしていない人が多いのではないでしょうか。しかし、世田谷人工関節・脊椎クリニックの塗山正宏先生は「放置すると認知症のリスクが高まる」といいます。それはなぜか、詳しくみていきましょう。

がんや糖尿病よりも多い…「変形性膝関節症」の患者数

歩き始めや、階段の昇り降りなど、日常生活のなにげないシーンで膝に違和感を覚えた経験がある人は少なくないでしょう。「膝が重い感じ」「ズキっとした痛み」「ピンと張る感じ」など違和感も人によって異なりますが、多くの場合一瞬で消え去るため、特に気にしていない人が多いのではないでしょうか。

しかし、その違和感は「早めに整形外科を受診し解消したほうがいい」サイン。意外にも、すでに膝がSOSを発している証拠なのです。

「40歳以上で、膝の痛みで悩んでいる人」は、全国で約800万人いると推定されています。そして、そのほとんどが変形性膝関節症です。

広告の後にも続きます

変形性膝関節症を発症していてもまったく自覚がなかったり、多少の痛みや違和感があっても気にしていない人もいるため、実は変形性膝関節症の患者数はもっと多く、50歳以上の国民で(レントゲンの初見上)変形性膝関節症を発症している人は「2,400万人」いるとされています。これは実に、「50歳以上の2人に1人」という割合です。

「2人に1人」という数字は、「変形性膝関節症は国民病である」といっても過言ではないレベルです。たとえば国民病とされる「がん」は「日本人男性の2人に1人、女性の3人に1人ががんになる」※1といわれていますし、「糖尿病」は、「成人の5〜6人に1人が糖尿病あるいはその予備軍」※2といわれています。

※1 厚生労働省 令和元年 国民健康・栄養調査(https://www.mhlw.go.jp/seisaku/24.html)
※2 厚生労働省 令和元年 国民健康・栄養調査(https://www.mhlw.go.jp/content/000681180.pdf)

つまり、変形性膝関節症の患者数(潜在的な患者も含めて)は、これらよりも多いのです。それにもかかわらず、変形性膝関節症についてあまり知識がないために、症状を放置してしまっている人も少なくありません。

決して自然治癒しない…「レベル別」膝の痛み

一体、変形性膝関節症の兆候には、どのようなものがあるのでしょうか。軽症から重症まで、レベル別にみてみましょう。ひとつでも思い当たるものがあれば、注意が必要です。

  • 1
  • 2