top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「仮面ライダーゼロワン」まで特撮を55年間撮影…大島康嗣カメラマンの集大成写真集発売

シネマトゥデイ

「HERO 大島康嗣の仕事」表紙 – (C)円谷プロ (C)石森プロ・東映

 「ウルトラマン」「仮面ライダー」など日本の人気特撮作品を55年間撮影し続けたカメラマン・大島康嗣の集大成写真集「HERO 大島康嗣の仕事」が、10月31日に発売される。

 1964年に講談社写真部のカメラマンとなった大島は、「丸出だめ夫」「ウルトラQ」などの現場取材撮影をスタートさせると、1971年創刊の幼年雑誌「テレビマガジン」で掲載された特撮作品のほぼすべてを撮影。2019年放送の「仮面ライダーゼロワン」まで55年間、仮面ライダーシリーズを中心に、188作品のキャラクターを被写体にシャッターを押し続けた。
 
  写真集は、大島が特撮のキャラクターと向かい合ってきた臨場感と55年の歴史をテーマに「どんな距離でどんな体勢でどのようにシャッターを押したのか」を想像をしながら、1枚1枚を楽しめるように工夫。巻末では、掲載された1,087枚の写真全てに関する大島のコメントが掲載されている。(編集部・倉本拓弥)

「HERO 大島康嗣の仕事」は10月31日発売(税込7,480円)発行所:株式会社 講談社

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル