top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山本耕史が2022年も絶好調! 『鎌倉殿の13人』三浦義村は間違いない代表作に

Real Sound

『鎌倉殿の13人』写真提供=NHK

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の主人公・北条義時(小栗旬)が過酷な運命に翻弄されるほど、その盟友であり、誰よりも的確なアドバイスができる山本耕史演じる三浦義村の存在感を増している。「盟友」という言葉の意味をしみじみと噛みしめたくなるほど、2人にしか築けない信頼関係がそこには確かに存在する。

参考:『鎌倉殿の13人』“ラスボス”は三浦義村? 三谷幸喜に聞く、頼朝の死とここまでの手応え

 第37回「オンベレブンビンバ」では、野心家の妻・りく(宮沢りえ)の思いを汲み、北条時政(坂東彌十郎)が娘婿の平賀朝雅(山中崇)を次の鎌倉殿にするべく、覚悟を決めた。それは、娘の政子(小池栄子)や息子である義時への強い対抗意識の表れであり、源実朝(柿澤勇人)を勝手に出家させる無謀な計略は謀反に値する。

 計画を実行するにあたり、三浦義村が北条の屋敷に呼ばれた。時政とりくの話を冷静に聞き、「なるほど」「悪くない話です」などと、時政の誘いに乗るふりをする義村。

 そして、その企てをすべて義時に密告し、「よくまた裏切ってくれたな、平六(義村)」と礼を言われる。この瞬間の、山本耕史の含みのある表情が義時のためを思っての行動なのか、自分の損得を考えた上での行動なのか、そのどちらでもあるのか……。

広告の後にも続きます

 どのようにも受け取れるような、曖昧で複雑な表現が物語に深みと奥行きを出していく。義時にとって平六は最高の相談相手でもあるが、何でも見透かされるような感覚というのは、その分緊張感も伴うはず。その2人の独特の関係性と微妙な距離感の危うさが気になり、視聴者としては目が離せないのだ。

 そして、何より三浦義村を演じて絶好調の山本耕史。数々の映像作品、舞台に出演しているが、7月期のフジテレビ月9ドラマ『競争の番人』に悪役・天沢雲海役で出演したが、月9枠への出演は、『ひとつ屋根の下2』(1997年/フジテレビ系)以来、実に25年ぶりだったそうだ。

 8月26日に放送がスタートした『絶メシロード seazon2』(テレビ東京系)では、少し怪しげなベテラン車中泊マスター、鏑木勉役をいきいきと演じている。また、10月21日に始まる金曜ドラマ『クロサギ』(TBS系)では、大企業のみを標的とする詐欺師・白石陽一役として出演。年明けの、2023年1月に始まるドラマ10『大奥』(NHK総合)の「5代・徳川綱吉×右衛門佐 編」でじゃ、徳川綱吉(仲里依紗)に仕える右衛門佐を演じる。

 出演作は途切れることがなく、今年は声優としてディズニー実写化作品『ピノキオ』に参加。ピノキオに善悪を教えながら導いていこうとするジミー・クリケットの日本版声優を務めている。メフィラス星人として圧倒的なインパクトを残した『シン・ウルトラマン』も山本だからこそ演じられたキャラクターだった。

 謎のベテラン車中泊マスターからディズニー作品、時代劇、月9にメフィラス星人とマルチに活躍の幅を広げつつ、作品ごとに強い印象を残す山本耕史。脚本家・三谷幸喜と組んでの大河ドラマは『新撰組!』『真田丸』に続き、本作で3本目。2022年、2023年と山本にとってはさらなる飛躍の年になり、三浦義村を演じる『鎌倉殿の13人』は間違いなく代表作の一つとなるだろう。(池沢奈々見)

TOPICS

ジャンル