top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【凱旋門賞 血統傾向】Allegrettaとドイツ血統の組み合わせに注目

netkeiba.com

【凱旋門賞 血統傾向】Allegrettaとドイツ血統の組み合わせに注目

 現地時間10月2日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(3歳上・G1・芝2400m)。日本競馬の悲願とも言える凱旋門賞制覇に向けて、今年は日本馬4頭が参戦を予定しており、例年以上の盛り上がりを見せている。今回は血統的な観点から注目馬を紹介していく。

 シャンティイ開催からパリロンシャン開催に戻って以降、ドイツ血統の活躍を目立つ。昨年覇者トルカータータッソ(ドイツ産・ドイツ調教馬)の優勝に目がいくが、3着馬ハリケーンレーンは母父がShirocco。また、2020年の2着馬インスウープはトルカータータッソと同父。2019年の覇者ヴァルトガイストは母父にMonsunを持つ。上述したShiroccoはMonsunの代表産駒の1頭である。

 なかでも注目したいのは種牡馬Adlerflug。2007年の独ダービーを制するなど活躍した同馬は現役引退後ドイツで種牡馬入りを果たし、さまざまな活躍馬を輩出している。代表産駒は上述したトルカータータッソやインスウープなど。

 ポイントとなるのはAdlerflugの二代母Alya。現代の欧州競馬に枝葉を伸ばす繁殖牝馬Allegrettaの全妹だ。Allegrettaは1993年の凱旋門賞覇者アーバンシーや日本でも産駒が活躍する種牡馬キングズベストの母であり、アーバンシーは母として大種牡馬Galileoや2009年の凱旋門賞覇者Sea The Starsを送り出している。

 先述したヴァルトガイストはGalileo産駒。ハリケーンレーンはFrankel産駒。これらと同じように『Allegretta(=Alya)を持つこと』に加え、ドイツ的な要素を持ち合わせる競走馬を3頭ピックアップする。

 昨年覇者トルカータータッソはAdlerflug産駒であると同時に、自身の四代母がAllegrettaであり、Alya=Allegrettaの3×4という牝系クロスを持っている。なお、バーデン大賞でトルカータータッソを破ったメンドシノも同じくドイツ産のAdlerflug産駒だが、母はアイルランド産馬であり、MonsunやAcatenangoに代表されるドイツの主流血統は持たない。

 2頭目は急遽参戦を表明したヴァデニ。こちらは母父にMonsunを持っている。父はマイル路線で活躍したChurchillで、ヴァデニは初年度産駒。二代父にGalileoを持っていることから、同馬も「Allegrettaを持つ」「ドイツ血統を持つ」の2要件を満たしている。

 3頭目はマレオーストラリス。父は名牝ウィジャボードの仔Australiaで、その父はGalileo。こちらは母母父にドイツの名馬プラティニを持っており、ヴァデニと同じ要件を満たす。なおプラティニは2010年の日本ダービー馬エイシンフラッシュの母父としても知られている。マレオーストラリス自身はドイツでデビューし、その後フランスへ移籍。昨年のガネー賞で逃げ切り勝ちをおさめており、波乱の立役者となるか要注目である。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル