top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

瞑想イヤードラマ第3弾 『またまた帰ってきた 煩悩バスガイド~捨離子、52歳~』配信

Real Sound

『またまた帰ってきた 煩悩バスガイド~捨離子、52歳~』

 劇団鹿殺しの菜月チョビが脚本・演出を務めるイヤードラマ『またまた帰ってきた 煩悩バスガイド~捨離子、52歳~』が、10月1日よりNUMAにて配信スタートした。

参考:劇団鹿殺しの菜月チョビ脚本・演出 『帰ってきた 煩悩バスガイド~捨離子、52歳~』配信

 本作は、7月に配信された『帰ってきた煩悩バスガイド~捨離子、52歳~』の続編にして最終章。世にも珍しい煩悩バスのガイドを務めるのは、煩捨離子(ぼん しゃりこ)52才。そんなベテランバスガイドの捨離子のもとに寄せられる様々な煩悩は未だ後を絶たない。生活する環境が違えば抱える煩悩も千差万別、十人十色。皆さんから寄せられた煩悩を憑依させた捨離子が、毎回ヘビメタにのせて、その “イライラ”を痛快にぶちまける。そして最後はお寺の鐘の音を聴きながら瞑想へと誘う。果たして、今回も捨離子は煩悩を成仏させることができるのか。

 イヤードラマとして物語を楽しめるだけでなく、実存する寺の鐘の音を聴きながら瞑想に浸り、実際に煩悩を浄化させていく、新たな瞑想体験コンテンツとなっている本作。そんな奇抜な企画には、脚本・演出を手がけた菜月チョビを筆頭に、声優や俳優などジャンルレスなキャスト陣が名を連ねた。

 主人公「煩 捨離子」をこれまで同様、国内外の舞台で活躍を広げ、別名エビ子・ヌーベルバーグとしても歌手活動もする西田夏奈子が演じるほか、作中のナレーションをサンプラザ中野くんが担当。そのほか、今村花、駒形友梨、佐久間貴生、河内大和、日下玉巳、長瀬絹也が出演している。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル