top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

草彅剛&香取慎吾を三谷幸喜が“最強のふたり”と呼ぶ理由とは? 7年ぶり再演の二人芝居も息ぴったり

Real Sound

『burst!~危険なふたり~』草彅剛、三谷幸喜、香取慎吾(写真=本 手)

 9月30日、東京・日本青年館ホールにて、三谷幸喜作・演出、草彅剛、香取慎吾出演の舞台『burst!~危険なふたり~』の囲み取材と公開稽古が行われ、3人が意気込みを語った。

(関連:草彅剛と香取慎吾が考える、互いの俳優としての魅力 『burst!~危険なふたり~』リモート囲み取材で語る

 本作は、2015年に三谷が草彅と香取のために書き下ろした二人芝居。今回、7年ぶりに再演を果たす。最初に三谷は「僕が着てるスタッフジャンパーは初演の時のものなんですけど、この作品が好きなので、早くこのメンバーでやりたいなと思っていた。願いを込めて7年前からずっと着てたんですけど、その夢がようやく叶った。感無量です」と語る。草彅は「僕も楽しく7年前の公演を終えた記憶があるんですけど、またこうやって再演というのは何か意味があることなんだと思っていて。再演で完成することもたくさんあるので、新たな発見があるんじゃないかな」、香取は「7年前の映像や資料が一切残っていなくて、こんなことがあるの? っていうぐらい何にも残っていない中で、思い出しながら、新しい要素をたくさん入れて、楽しい時間を過ごしている」と、それぞれが再演ならではの楽しみにふれる。さらに香取は、「草彅剛は僕の好きな俳優さんなので、一緒に芝居ができて楽しい。僕よりも舞台経験も多いので、昨日通した時に、始まる直前に『しんごちゃん、よろしくね』とサラッと言われて、僕も『お願いします!』と。古くからの付き合いですけど、改めてこうやって二人がぶつかりあえることがとっても楽しみです」と、普段とは異なる緊張感を持って臨んでいることを窺わせた。

 三谷が二人のことを「最強のふたり」と称する理由について「二人芝居はすごく難しいけれど、この二人は何もしなくても自然にサラッとやっている。しかもこのお芝居は二人が顔を合わせるのが一回だけ。あとはずっと違う方向を向いて喋ってる。こんなのってあんまりないし、ものすごく演劇的に高度なことなんですよ」と説明すると、「そうだったんですか。早くそう言ってくれたら自信持てたのに」と草彅。続けて三谷が「普通は顔を見て相手と呼吸を合わせながら会話をするところ、今回は遠隔操作みたいな感じで遠くを見ながら喋ってる。それでなおかつ呼吸が合ってる。すごく綿密な構成で、いい演劇的な空間が1時間40分続くわけで、普通の俳優さんはできない」と絶賛すると、香取は「嬉しいんですけど、三谷さんが自分で作った作品を褒めているみたいな」と納得のいかない表情でおどけてみせた。

 稽古中のエピソードでは、三谷と香取の距離感が縮まらず電話番号を知らないという話題も。三谷は「(電話番号は)知らないです。でも草彅さんとの関係はどんどん深まってます。稽古場から帰る時に送ってくれたり、プライベートでお酒を飲んだ俳優さんはほとんどいないんですけど、この方とは2回」と告白。草彅は「おかしいですよね。しんごちゃんに連絡する時、僕のところにかかってきて、しんごちゃんに連絡とってくれと言うんですよ」と本音をこぼした。

広告の後にも続きます

 最後に三谷は「このお二人の大ファンで、二人のために作品を作ることができたのをすごく光栄に思っています。1時間40分ありますけど、こんなに長く生の二人を見ていられるチャンスはあまりないと思う。すごい機会だと思うので、存分にその機会を味わっていただきたい」とアピール。草彅は「この舞台でしんごちゃんとの30年以上の絆だったり、お互い自分自身の分からないようなところで繋がってる気持ちだとか、二人の人生が交差して何かが生み出される、二人の人生の全てをかけてというか、そんなような素敵な舞台になればいいと思っているので、来てくれる方には幸せを持って帰ってもらえたらなと思っています」と熱く語ると、香取が「有観客でお客さまに足を運んでもらって、1時間40分、必ずみなさんのいい思い出になる、ずっと忘れられない楽しい時間だったり、ハラハラだったり、そんな気分になれる舞台だと思うので、たっぷりその時間を楽しんでもらえたら。僕はこの舞台に人生をかけていないので」と草彅の発言にかぶせてコメント、さらに草彅が「ちゃんちゃん」とオチをつけ、息ぴったりな囲み取材を終えた。

 舞台『burst!~危険なふたり~』は10月1日から10月26日までの期間、日本青年館ホールにて上演される。(本 手)

TOPICS

ジャンル