top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

本日で「ウルトラセブン」55周年、森次晃嗣「セブンがある限り元気でいます!」

ナタリー(映画)

本日で「ウルトラセブン」55周年、森次晃嗣「セブンがある限り元気でいます!」

「ウルトラセブン」の放送開始から55周年を記念した4K特別上映が、全国16劇場にて10月13日まで開催中。公開初日となる本日10月1日には東京・TOHOシネマズ 池袋にてトークイベント付き上映が行われ、黒木ひかり樋口真嗣が登壇した。MCは関智一が務めた。

【この記事の画像・動画(全6件)をもっと見る】

本日は55年前に「ウルトラセブン」の初回が放送された記念日。イベント冒頭には55周年を記念したプロモーション映像が初解禁となった。過去の作品を4Kで上映することについて問われた樋口は「絶対に意味のあることですね! 家庭用のBlu-rayディスクとかも、ゆくゆくはなくなってしまうのでは」と熱弁。「ウルトラマンZ」でオオタユカ役を演じ、怪獣ファンとしても知られる黒木は「ウルトラセブン」について「もともと『セブン~、セブン~』っていう歌は知っていて、いざ作品を観たときに『これかー!』となりました」と、作品が世代を超えて浸透していることを表すコメントを述べた。

イベント中盤では「ウルトラセブン」55周年のメインビジュアルが解禁。最終回をイメージした立ち姿のセブンを見た樋口は「最近のウルトラマンのデザインと違い、ブーツや手袋が印象的でかっこいいですね」、同じく黒木は「スタイリッシュですね。セブンのどこか人間味があるような作品のイメージが、このビジュアルに表われてる感じがします」と感想を語る。関も「初代ウルトラマンのシンプルな雰囲気とはまた違ったかっこよさがありますよね」と続いた。3人はその後も「ウルトラセブン」について盛り上がる。セブン自身がモロボシ・ダンに乗り移っているという独特な作品設定や、作中で時折見せるモロボシ・ダンの無邪気な一面についてなどが語られ、黒木はダンのキャラクターに対して「普段かっこよく戦っている人のかわいらしい部分が見られると惹かれますよね」と女性目線でコメントした。

続いてスペシャルゲストとして、モロボシ・ダン役の森次晃嗣が登壇。この55周年の歴史を改めてどう感じているかを問われた森次は「今日が55年なんて実感がなかったです。これだけ長い期間を経て、皆さんにこのようにお会いできるとは思っていませんでした」と感慨深く振り返る。さらに撮影当時の思い出を聞かれると、早朝から電車で移動して撮影スタジオに向かっていたことや、休日にも各地のイベントに参加するため自分でウルトラマンスーツを持参して全国を行脚したことについて触れながら「若かったからできた」と述懐。その一方で「撮影は過酷だったけれど、その分こんなに長く愛される作品もない。今でも街を歩くと『ダンだ! ダンだ!』と言ってもらえる」と作品への思いを吐露した。

広告の後にも続きます

本日、初めて森次と挨拶を交わせたという樋口は「以前、別の会場のトイレで横に並んだことがあったんですけど……そんな場面じゃ挨拶できないじゃないですか」と明かしつつ、「改めてご挨拶できてよかった」と喜びの表情を見せる。また、先ほど話題に出たダンの無邪気なキャラクターについて触れられると、森次は「それは僕の“地”じゃない? かわいいところあんのよ、僕」と述べ、会場からは笑いと温かい拍手が起きる。一方では、ダンは異星人的な設定であるため、撮影当時からほかの隊員とは適度な距離感を保っていたという役作りエピソードも披露した。

今回4K上映された5つのエピソードに関する話題では、森次は「やっぱり『史上最大の侵略』がドラマチックで印象に残っていますね」と、ダンが自身の正体を明かすこととなる人気回を挙げる。またそのシーンについては今でもセリフがしっかり入っていると言い、「僕は人間じゃないんだ」と名ゼリフで会場を沸かせた。さらにフォトセッションで森次は「デュワッ」の掛け声とともに、変身ポーズを披露。ウルトラセブンがステージに登場すると、黒木は「かっこいい!」と興奮の様子だった。

イベント最後のコメントでは、黒木は「特別な日に、並んでいいのかわからないくらいの、すごい方々と並べて嬉しいです」と語り、続く樋口は「森次さんとお会いできて、職権乱用です」と冗談めかしつつ、「この出会いが何か新たな機会につながればと思っています」と、ファンの期待を煽る。そして森次が「今日は55周年ですが、60周年記念まで元気でいたいなと思います。セブンがある限り元気でいたいと思います。55周年、ありがとうございます!」とイベントを締めくくった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル