top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ONE PIECE FILM RED」今日はウタの誕生日!名塚佳織が贈りたいものは

ナタリー(映画)

「ONE PIECE FILM RED」今日はウタの誕生日!名塚佳織が贈りたいものは

ONE PIECE FILM RED」に登場するウタの誕生日を記念したイベント「#ウタ誕生祭」が本日10月1日に東京・丸の内TOEIで行われ、ウタ役の名塚佳織、ウタに憧れる少女・ロミィ役の新津ちせが登壇した。

【この記事の画像・動画(全11件)をもっと見る】

尾田栄一郎が総合プロデューサーを務める「ONE PIECE FILM」シリーズの第4弾となる本作は、世界中が熱狂する歌姫ウタが初めて公の前に姿を現す音楽の島エレジアを舞台とした物語。無発声応援上映後に実施されたイベントはライブビューイングで全国の劇場に中継され、多くのファンがウタの誕生日を祝った。

名塚が登壇し「みんな、やっと会えたね! ウタだよ!」挨拶すると、新津はロミィさながらに羨望の眼差しで彼女を見つめ、「本物がいる……!」と涙ぐむ。本作が興行行収入150億円、観客動員数1000万人を超えるヒットとなったことについての感想を問われると、名塚は「こんなに長い間、幸せな時間を過ごせるとは思っていなくて本当にびっくりです。公開されてから毎日のように幸せな日が続いていて。初日舞台挨拶までが私の仕事のつもりでいて、初日が幸せのピークと思っていたんですけど、そこから更新され続けるとは思ってなかった」と感慨深げな表情を見せた。

続いて新津は「『ONE PIECE』という作品は私が生まれる前から大人気の作品なので、参加できてありがたいです。ロミィという役はウタのことが大好きなキャラなので、こうして誕生日会に呼んでいただいてうれしいです」と、ここでもウタのファンとしての顔を見せた。さらに周囲からの反響を問われると、「夏休みが明けると(学校の)みんなが観てくれていて。ウタの歌を歌ってくれる子もいましたし、『あ、ロミィだ!』とも言われて、さすが『ONE PIECE』だと思いました」と学生らしい感想を語った。

広告の後にも続きます

続いてステージには、ウタの誕生日を祝うケーキが登場。高さ70cmのケーキにはウタのバックダンサーやアニマルバンドのメンバー、ぬいぐるみなどを模したデコレーションで飾られており、2人は思わず「すごい!」と声を上げる。そしてケーキのトップには、ウタがその能力でぬいぐるみに変えたロミィが。これを発見した名塚は苦笑しながら「こんな感じにしちゃってごめんね」と新津に謝罪した。また観客のペンライトをロウソクに見立て、新津がその火を吹き消すと、観客がペンライトを消すという演出も。これには名塚は「みんなでお祝いできた感じがしてうれしい」と笑顔を見せ、MCから「火を消してみてどうでした?」と問われた新津は「隣で名塚さんのきれいな声が聞こえて……」と感極まった様子を見せ、MCから「それどころじゃなかったようですね」とツッコまれていた。

続いて誕生日をテーマとした質問に、名塚と新津が答えるコーナーに。1問目の「ウタに誕生日プレゼントをあげるなら?」という質問には新津が「花束」とオーソドックスな回答をするが、名塚は「シャンクス」と答えて会場がざわつく。新津が「自分で摘んだお花をあげたい」とコメントすると、名塚は「そういうことですよね」と、かわいらしい新津と自身の回答のギャップに困惑したような表情を見せつつ「一生懸命考えたんですけど、やっぱりシャンクスかなって。一番会わせてあげたいですよ。イメージとしては肩たたき券みたいな、シャンクスに会える券みたいなので会えたらいいなと」と補足。MCが「シャンクスが花束をあげればいいのかもしれないですね」とまとめる一幕もあった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル