top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

三遊亭円楽さん「ちゃんと叱ってくれる人」本誌に語っていた“3人目の親”桂歌丸さんとの絆

女性自身

三遊亭円楽さん「ちゃんと叱ってくれる人」本誌に語っていた“3人目の親”桂歌丸さんとの絆

落語家の三遊亭円楽さんが9月30日、肺がんのため亡くなった。72歳だった。

 

18年に肺がんが見つかり、闘病を続けていた円楽さん。今年1月に脳梗塞で倒れて入院し5月には退院するも、8月26日に肺炎で再び入院していた。

 

円楽さんといえば、『笑点』(日本テレビ)での桂歌丸さん(享年81)への毒舌や軽妙な掛け合いが名物となっており、お茶の間を楽しませた。

広告の後にも続きます

 

そんな『笑点』の2018年7月8日放送回は、直前の7月2日に亡くなった歌丸さんを特集した内容に。その中で、円楽さんが「じじい、早すぎるんだよー!」と愛のこもった毒舌で追悼したことは当時SNSで大きな話題となった。

 

そんな円楽さんと歌丸さんとの絆は、円楽さんの師匠である先代の圓楽さんのカバン持ちをしていた時にさかのぼると。円楽さんは、歌丸さんの人柄について16年7月の本誌の取材でこう明かしていた。

 

「歌丸師匠は一本筋が通っていて、『この人はちゃんと叱ってくれる人だ』『きちんとお付き合いすれば、きちんとしてくれる人だ』というのが、すぐにわかりましたから。誠心誠意、一生懸命お付き合いさせていただこうと思いました」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル